ホーム » アニメ・ゲーム » アニメ/た行 » TRIGUN

155 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/08/09(水) 00:47:14
すこし前に「トライガン」の話が出ていたけど、私もアニメ版を書いてみる。
主人公のヴァッシュは凄腕のガンマンだけど、決して人を殺さない主義。どんな悪人でも。
そしてまたそれを貫けるだけの自己保身能力を備えている。
それでも体じゅう傷だらけ。
彼は以前ひとつの町を消し去った原因と思われていて人間災害認定され、
保険会社からふたりの女性社員が派遣されて、監視することになる。

最初は敵対する組織の一員だったがやがては互いに友情を抱くようになる牧師がいるんだけど
ヴァッシュの殺さずという考えに共感してしまい、
敵との一騎打ちで相手にとどめを刺すことができず、逆に致命傷を与えられてしまう。
その前の晩、彼は保険屋の片割れの女の子(とても性格のいい子)とついに両思いになって一夜を共にしたばかり。
その子のことを思いながら、教会の中で息絶える。

アニメ版のラスボスはヴァッシュの兄で、彼らは実は人間ではなく人工生命体。
人間を見下して滅ぼそうとしている兄は、
幼い頃ヴァッシュがだれよりも敬愛していたレムという女性やそのほかの大勢の仲間を死に至らしめた。
(彼の殺さず主義も、このレムの影響)
ヴァッシュのせいと見なされていた町消失事件も、もとはといえば兄がしむけたこと。
これまでヴァッシュの周りで起こった悲惨な人死にも、兄の差し金で部下がやったこと。
ヴァッシュはラストの一騎打ちで勝利するも、気を失った兄にとどめは刺さず
肩に担いで連れ帰ろうとするところでEND。

この兄さん、気がついたらまた遠慮無く殺しまくるんだろうなーと思った。
ヴァッシュがなにがなんでも殺さない主義を貫くのはいいんだけど
それがどうにも、すっきりするどころかもやもやする話だった。
そこまでする「殺さず」ってなに?という感じだった。

 

TRIGUN DVD-BOX LIMITED EDITION
TRIGUN DVD-BOX
LIMITED EDITION


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...