ホーム » 小説 » 小説/や行 » 雪模様(永井するみ)

244 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/10/04(水) 10:29:49
主人公は30過ぎの独身女。
不倫の恋をしてたんだが倦怠期にたまたま彼に妹を紹介したことで妹に寝取られる
(妹が妊娠を姉に告げて発覚)。
彼は「妻とは子をつくる気がないし妻も納得してる 認知する」として妹は女の子を産む。

数年後のある日、普段どおり女の子への土産を持って実家の母と三人暮らしの妹たちを訪ねるが
ふと母と妹が留守したスキに女の子を連れて新幹線に乗って遠くの温泉地へ行ってしまう。
心配して「どこにいるの」と15分おきに電話してくる妹。
「あたしにだってこの子と旅行する権利くらいあるでしょ」とだけ言って電話を切る。
妹が連絡し昔の不倫相手からも電話が入るがやはり場所は言わずに切る。

翌日旅館を出て近所の寺の石段を上ってる主人公と女の子。
そこに見知らぬ女が女の子を守るように現れる。昔の不倫相手の妻だった。
主人公が女の子を道連れに自殺するのではと、夫に内緒で一人でやってきたのだ
(主人公が以前そこに不倫相手と行く気だったのを知ってたとかなんとか)。
しかし主人公は自殺なんかする気はなく、それを確認して爽やかに別れる二人。
そして主人公は決意する「産もう」。お腹に現在の不倫相手との子供がいるのだ。

不倫ばっかしてる主人公に連れ回される子供カワイソス


245 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/10/04(水) 10:45:13
>>244
どっかの基地外コバルト作家が書きそうな話だなw

その夫婦間の事情もあるんだろうし、別に不倫は絶対悪いとは言わないけど、
避妊ぐらいしようぜ^^いい年したおっさんおばさんが・・・


246 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/10/04(水) 10:49:51
タイトルとか忘れた永井するみって人の「雪模様」ての と書簡で借りたアンソロジーに入ってた

247 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/10/04(水) 10:54:29
>245
最初の不倫時はピル使ってて妹に先越されたらしい 現在のはわざとピル飲まなかったらしい
むかつくのが
「今の男も昔の男と同じ優しくて家庭は捨てられない でも裕福だから援助してくれるだろう 
 いやそういう男を選んできた 運が良ければ認知してくれるかも 
 運が良ければ昔の男の妻みたいにあちらの妻が受け入れてくれるかも」
って思ってるとこ

249 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/10/04(水) 11:16:31
>>247
うへぇ!
なんて自堕落なボダ女だろう。

250 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/10/04(水) 11:45:59
こういう女の傾向としては避妊しないのがデフォだな。

 

隣人 (双葉文庫)
隣人 (双葉文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...