ホーム » アニメ・ゲーム » アニメ/ら行 » ラーゼフォン/第19楽章「ブルーフレンド」

79 名前:ブルーフレンド1/2 投稿日:2006/11/01(水) 03:35:36
主人公・神岡綾人はラーゼフォンという大型ロボットに乗り、
ドーレムという兵器を操るムーリアンという種で構成される組織・MUと戦っている
ムーリアンは人間と同じ姿をしているが、彼らは血が青いという違いがある

本編は主人公の友人・浩子の救出と二人の逃避行で始まり、
対MU組織・TERRAから逃げ出した二人は隠れるようにビジネスホテルで暮らしていた
しかし浩子は敵対するムーリアンの一人であり、主人公はそのことを知らない
いつ言い出そうか迷っているうちにMUから来たドーレムが町を襲撃し、
浩子たちが居るビジネスホテルも危険に晒される
それを見た綾人は「浩子を守る」とドーレムに立ち向かう決心を持つ

「伝えなきゃいけないことがあるの」「まだ話したいことがあるの」と必死にすがりつく浩子に
優しい微笑を返し、綾人はラーゼフォンと共にドーレムの元へ
しかしドーレムの様子がおかしい
歌声のような音波を通じて町の家電製品にアクセスし、コミュニケーションを計ってきた
「コンニチワ」「ゲンキデスカ」「コマッテイマス」「タスケテクダサイ」

この異変に町民も動揺を隠せず、町からはどよめきが起こる
しかし綾人は異変に気づかず、ドーレムへの抵抗を始める。
ドーレムもラーゼフォンへの攻撃を開始し、戦闘が始まった
場面が変わってビジネスホテルの浩子。自分と同じ姿の幻影に抱かれながらも、
必死でノートにメッセージを書き続けている
「伝えなきゃ…アヤトくんに伝えなきゃ…」

家電製品や電光掲示板、町の明かりを通じてドーレムからのメッセージが町に広がっていくが
小さすぎたり、大きすぎて綾人は気づけない
メッセージでは停戦を求めるドーレムだが、言葉とは裏腹にラーゼフォンへの攻撃を更に激しくし、
ついには追い詰め、トドメを刺そうとする


80 名前:ブルーフレンド2/2 投稿日:2006/11/01(水) 03:37:50
しかしラーゼフォンは浩子を守りたいという綾人の思いと同調し、覚醒

強力な音波攻撃を放ちドーレムを吹き飛ばし、
同時にビジネスホテルの浩子も同調するように吹っ飛ばされる
ドーレムの操縦者は浩子であり、彼女は自分の意志とは無関係に戦わされていた
(ドーレムは遠隔操作で、彼女に抱きついている幻影が戦わせているっぽい)

それを知らない綾人は更に強力な音波を放ちドーレムを更に吹き飛ばす
吹き飛ばされ、白煙を巻き上げるドーレムの周りからは「イタイ」というメッセージが
町の明かりを使って波紋のように広がる

「コンナコトシタクナイ」「ホントノコトガイイタイ」「モットハナシガシタイ」
それでも浩子はメッセージを送り続け、綾人に気づいてもらえるようにするが
綾人は気づかず、ドーレムの左手を粉砕
遠くの浩子の左手も血を吹き上げながらグシャリと折れた
片腕が折れても浩子はメッセージを書き続け、電光掲示板には文字がまた流れた
「ダイスキダヨ」
ビジネスホテルで青い血にまみれた浩子が優しく微笑み、何かをつぶやく

その瞬間、ラーゼフォンの手がドーレムを貫いた
ドーレムと同調していた浩子の体もくの字に曲がり、背中から血が噴出す
ようやく止めを刺し息を荒げる綾人の横から光が当たり、
何気なく綾人が光の方を見ると、そこにはビルの窓の光で書かれた浩子からのメッセージ
「アヤトクン」
目を見開き、全てを悟る綾人。しかし貫かれたドーレムは爆発し、
青い血の煙をあげながら消滅した
最後の音波が町に広がり、町の明かりが最後のメッセージを描く
「サヨナラ」
戦いが終わり静かになったビジネスホテルの中、
青い血にまみれた浩子は横たわり、そのまま動かなかった


81 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/11/01(水) 06:45:25
>>79
確かに酷かった。すごい勢いで電光掲示板に文字が
流れてるのに、気付かないアヤト・・鈍過ぎ。

85 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/11/01(水) 12:00:24
ラーゼフォンって後味悪い話多いよね
ブルーフレンドは群を抜いて後味悪いけど
好きな人が実は友達と出来てて
その後好きになった人も姉とくっついちゃう恵もカワイソス

86 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/11/01(水) 12:39:39
ゲーム版ラーゼフォンのブルーフレンドは、浩子を助けることが出来たな。

87 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/11/01(水) 13:36:28
>>79
アヤトは浩子がムーリアンだと知っていたよ。
脱出の際に浩子が手についた自分の血を見せて
「私の血、赤いよね?赤いよね?」と問いかけるんだけど、しっかり青くて。
(この時浩子は周囲の状況やら何やらで錯乱気味だった)

つまり2人とも「相手は浩子がムーリアンだと知らないんだ」と思って、
気づかせまいと気を遣っていたというわけ。
これを念頭に置くとさらに後味悪いよ。

 

ラーゼフォン 第7巻 [DVD]
ラーゼフォン 第7巻 [DVD]


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...