ホーム » 小説 » 小説/な行 » 名も無き毒(宮部みゆき)

785 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/11/14(火) 10:36:16
宮部みゆきといえば、「名も無き毒」の一エピで
兄の結婚式をスピーチでぶち壊した妹の話も後味ワル。

昔から自分の都合のいいようにうまく嘘をつく妹。

結婚式のスピーチで楽しくスピーチを終えたかと思った後、押し黙り、
「…実は、お兄ちゃんにはずっといやらしいことをされていました!
お父さんもお母さんも知ってて私を助けてくれなかった!!!」
と迫真の演技。もちろんそんなことを兄はしていない。
兄の奥さんは兄を信じてるんだけど、自分の親戚の噂に耐えかね自殺。


789 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/11/14(火) 11:10:15
>>785
目的は何なの?Kwsk

794 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/11/14(火) 12:44:46
>>789
はっきりした目的は無かったと思う。
自分が一番で、自分が目立ってなければならない性格で、かまってチャン。
兄が先に幸せになるのがむかついたんだと思う。

履歴書に嘘の経歴書いてバイトに入って、簡単なこともできないくせに上司には逆らって、
セロテープの重い台を上司にぶつけてやめた後、
その部署でセクハラを受けたという嘘を社長に手紙するという人物。


795 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/11/14(火) 12:47:59
面白そうだなw

798 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/11/14(火) 13:45:27
>785
毎日新聞で読んでたな、その話。
そのエピソードがもしかしたら本当かもしれないという含みが残されてるんだよね。
いや嘘に違いないんだけど、もしかしたら…みたいな。

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...