ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その59 » ダブルキャスト

59 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/11/17(金) 19:33:27
TVゲーム「ダブルキャスト」かバッドエンドの一つを。
裕福な大学生である主人公は、高級マンションで気楽な一人暮らしを満喫していた。
ある日、自分と同い年くらいの記憶喪失の少女と知り合う。
少女に同情した主人公は家事と引き換えに家に置いてあげる事を提案する。
渡りに船とばかりに大喜びする少女、そして甘く切ない同居生活が・・・と思いきや、
主人公は謎の人物に命を狙われる羽目に・・・という展開。
実はこの記憶喪失の女、多重人格で、
一つは主人公の前で出る明るく奔放でボーイッシュな「美月」
もう一つは残酷無比な殺人鬼の人格「ミツキ」(主人公を殺そうとした犯人)
本来の人格であり、無意識の奥底に閉じ込められている「志穂」
という三つの人格を持っていた。
終盤で主人公とミツキの対決になるのだが、
ここで選択を誤ると覚悟を決めた主人公がミツキを抱いて屋上からダイブ。
主人公を助けに来た先輩(女)と同級生の目の前で即死する。

 

やるどらポータブル ダブルキャスト
やるどらポータブル ダブルキャスト


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...