ホーム » その他 » 事件・事故 » 宇都宮知的障害者誤認逮捕起訴事件

346 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/11/21(火) 19:28:26
実際にあった事件。

ある日、強盗事件があってその場にいた通りすがりの男が逮捕された。
しかしその男は無実で、しかも発達障害があって
意味がわからない言葉に対してはほとんど「はい」と言ってしまう癖があった。
当然取調べでも「お前がやったんだな!」「はい」みたいなやり取りになって自供があったという事で懲役刑に。
その男は両親も兄弟もなかったが、養父を名乗る人物が現れ裁判はやり直しに。
加えて、別件で逮捕された人物が自白し真犯人である事が明らかになったので無罪に。

しかし、その後「養父」を名乗っていた人物が養父でもなんでもなく、
身寄りのない障害者を騙して全財産を取り上げ
(「貯金があると障害者年金が受け取れないよ」などと言って騙し、全財産を取り上げたり)た上に、
障害者年金までピンはねするという悪事を働いていた事が露見、
裁判のやり直しを求めたのも、懲役で刑務所にいる間は年金がストップするからというだけの理由だった。

結局、詐欺だという事で養父を名乗っていた人物は逮捕された。

関係ない障害者が誤認逮捕された上に、助けに来たのが詐欺師という何とも後味の悪い話だった。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...