ホーム » 小説 » その他書籍 » 肥溜めに落ちてなくなった女性の話

59 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/12/16(土) 13:33:32
昔、小さい時に読んだ本の中で一番覚えてるのは、
肥溜めに落ちて亡くなった女性の話。
すごい田舎で女性がいなくなって、事件に巻き込まれたのかと警察、
親戚が探した結果、畑の中の肥溜めの中で沈んで死んでいるのが見つかったそうだ。
肥溜めの上には板が、すのこのような状態で何本か渡してあって、
その板に滑ったらしい靴の跡が残っていた。多分、トイレに行きたくなって我慢できずに、
つい、その板の上でしゃがみ込んで落ちたのだろうと書いてあった。
手の指の爪は全部はがれていて、解剖の結果、3リットルは飲んでいると言う事がわかったそうだ。
しかも、落ちてすぐに意識がなくなったのではなく、なんとか上まではいあがろうとして
もがいている状態でどんどん飲み込んでしまい、やがて力尽きて沈んでいったのだろうと書いてあった。

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...