ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その61 » 葦の穂綿(羅川真里茂)

68 名前:1/2 投稿日:2006/12/16(土) 15:53:27
羅川真里茂って少女漫画の読み切り。タイトル失念。

和菓子屋で働く女の子が自転車屋の配達員の男に恋をする。
ちょっとずつ親しくなって喜んでるんだけど、男が誰とでも寝る最悪男だと判明する。
ショックで男から離れる女の子。
ある日、男の噂を聞く。彼は人殺しらしい。
何もかも信じられなくなった女の子は、彼が働いてる自転車屋の店主に話を聞く。


69 名前:2/2 投稿日:2006/12/16(土) 15:55:26
学生時代にひどいいじめに遭っていたこと、
やつらが妹をレイプする話を聞いて殺してしまったこと、
それでも彼に張られたレッテルは「人殺し」で、世間の目に耐えきれなくなった両親と妹は自殺する。
彼は誰とも関わりたくなかったから人と深く関わることは避けていた。
無気力な甥っ子を心配した叔父が引き取って自転車屋で働いていた。
しかし叔父の妻は反対だった。
小さな町だから噂になったら仕事にも差し支える。暮らしていけなくなる。
もし事実が漏れたら彼には出て行ってもらう約束だった。
約束通り、彼は恨み言一つ言わずに一人で町を出て行こうとする。
彼が「友達」だと言って家に連れ来たのは、女の子が初めてだった。
女の子は叔父と一緒に町を出る彼に会いに行き、彼は二人にほほえみかけて町を去っていく。

読み切りで一度しか読んでないので細部が曖昧で間違ってるかも。
でも大筋はこんな感じ。叔父も叔父妻も彼も女の子も、
悪いとは言えないけどどうにもならなくて悲しい話だった。
最後は少女漫画として希望があるラストではあったけど。

 

朝がまたくるから (花とゆめCOMICSスペシャル)
朝がまたくるから
(花とゆめCOMICSスペシャル)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...