ホーム » 小説 » その他書籍 » 英語のテキスト

441 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/12/22(金) 19:06:22
昔解いた英語の例文。
ボブという人の生活を、5つぐらいに分けて綴っていた。

1→ボブは一人息子です。彼は花がとても大好きな、心やさしい男性です。

2→ボブは大きな庭で、ゆっくりと過ごしています。
  
彼の両親は彼が遊んでいるのをみています。

3→ボブは庭の木を刈って、親戚を追い出そうとしました。
  
なぜなら彼らは、ボブに許可をとらずに庭を作り替えようとしたからです。

4→ボブは彼らのことを自分に敵対するものとして認識し、激しく抵抗しました。
  
好きだったガーデニングもやめてしまいました。

5→ボブの両親は、彼の世話に疲れ果て、彼を特別な病院にいれることを考えています。

中三の時に読まされた。
なんかすごく後味が悪い。


443 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/12/22(金) 19:34:51
なんかみごとな飛躍っぷりだね。
元の英文書いた人が特別な病院に行ってそう。

444 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/12/22(金) 20:23:54
英語のテキストは変なの多いよ。

・ケイトとローズは姉妹です。
・二人は一緒に生まれ、一緒に育ちました。
・とても仲の良い姉妹です。
・ケイトの方がローズより背が高いです。
・ケイトは活発で、ローズは無口です。
・ローズはケイトとしか喋りません。
・両親はローズと話したがっています。
・パパ「パパもローズと話したいんだが、どうしたらいいと思う?」
・ケイト「私には分からないわ」
・ママ「ケイトばかりローズと仲良しでずるいわ」
・ケイト「私とローズは一番大事な存在なの」
・パパ「それで、いまローズはどこにいるんだい?」
・ケイトは楽しそうに笑いました。
・ケイト「ここにいるじゃない」

ローズの発言が一つも出てこないんだよね。


449 名前:ケイト&ローズ 投稿日:2006/12/22(金) 20:46:36
その後、ケイトは旅行に行く。

・ケイト「ローズも連れてきてあげたかったわ」
・エミリー「ローズは残念だったわね」
※ローズが来れない理由を聞かない友人達。

・ボブ「来月誕生日なんだって?」
・ケイト「ええ、そうよ。誕生日パーティーには来て欲しいわ」
・エミリー「もちろんよ」
・ケイト「ローズとおそろいのドレスを着るのよ」
・エミリー「それは楽しみね」

~誕生日パーティ~

・ケイト「いらっしゃい、来てくれてありがとう。楽しんでね」
・エミリー「お招きありがとう。素敵なパーティーね」
・ケイト「ローズも隣の部屋にいるのよ。呼んでくるわね」
・エミリー「今日のケイトはとても綺麗ね」
・ボブ「ケイトはどうしたんだい?」
※ローズは結局現れない

ローズ、一言も喋らないまま教科書が終わる。


450 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/12/22(金) 20:53:55
>>444,449
ここまで来るとホラーだ。

451 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/12/22(金) 21:18:30
>>449
この教科書って、progress in Englishかな?
なんか似たようなシチュエーションの会話文を読んだ記憶があるもんで…

452 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/12/22(金) 21:19:58
シュール系のホラーだな
俺はローズは人形っていう感じがする

453 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/12/22(金) 21:45:46
死んだ姉ちゃんor妹て線もアリだな

454 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/12/22(金) 21:51:44
>>449
すげえw
徹底してるねw

友人・・・親切だな・・・


455 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/12/22(金) 21:59:43
ボブだけ微妙に空気読めてないのかw

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...