ホーム » 小説 » 小説/な行 » 2001年宇宙の足袋(森奈津子)

900 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/01/03(水) 17:36:07
森奈津子のレズ小説

主人公は生粋のビアンで、同僚に熱い恋心を抱いていた しかし同僚には彼氏がいる
ある時凶悪な宇宙人が地球に到来する。捕らわれる主人公と同僚
宇宙人は腐っており「地球人の百合プレイを見たい」と言い、見せないと地球を滅亡させると脅す
しかも地球のあらゆる電波をジャックして生中継するという おびえる同僚を慰めつつ内心宇宙人GJな主人公
主人公のテクにあっという間にイく同僚 この快感を知ってはもう平凡な彼氏のもとになど戻れないだろう
二人の行為に全人類と宇宙人が感動し、地球は救われた


901 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/01/03(水) 17:44:37
>>900
ギャグじゃないのかそれw

902 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/01/03(水) 17:55:28
>>900
そんな状況で素人をリードし、且つイかせてのけるとは漢前な主人公だ。
性癖の好みは人それぞれと別にして、その心意気には感じ入った。

904 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/01/03(水) 18:32:05
「エロス」と「笑い」は重要な創作上のテーマらしいからな
森奈津子

 

姫百合たちの放課後 (ハヤカワ文庫JA)
姫百合たちの放課後
(ハヤカワ文庫JA)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...