ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その63 » 障害児の未来、一瞬で還付かたる「振り込め」 500万円被害

632 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/06(火) 15:50:32
障害児の未来、一瞬で還付かたる「振り込め」 500万円被害

振り込め詐欺に遭った名古屋市中村区の40代の女性が
1月下旬、大量の睡眠薬を飲み、自ら命を絶とうとした。
幸い一命は取り留めたが、知的障害がある息子の将来のために、こつこつと貯金してきた500万円が
卑劣な犯行で一瞬に消えた。自殺を図ったのはそのショックからだった。振り込め詐欺は近年、手口が複雑、巧妙化。
女性の家族は「これ以上、悲しむ家族が増えてほしくない」と訴える。

◇自責の母、自殺図る
家族によると、1月中旬、女性の自宅に一本の電話がかかってきた。「医療費の還付がある」。
女性は一昨年、がんの手術を受けたこともあり、還付を疑わなかったとみられる。
女性は相手の指示で現金自動預払機(ATM)に行き、言われるままに機械を操作。
還付を受けたつもりが、複数の銀行口座にあった計約500万円を次々と指定口座に振り込んでしまったという。

女性が通帳の残額を確認し、だまされたと気づいたのは同月下旬。
その日、会社員の夫に「家族をよろしく」とメールを打ち、直後に睡眠薬を大量に飲み、自殺を図った。
幸い発見が早く、救急車で病院に運ばれたため助かった。
しかし、意識が回復しても「死にたい」「殺してください」「私の責任」と繰り返し、
窓から飛び降りようとしたり、コードで首を絞めようとしたりした。
夫と高校生の長女が数日間、仕事や学校を休んで寝ずに監視したという。

被害に遭ったのは、長男を建設予定のグループホームに入所させるため、建設の分担金や入所費用に充てるため
夫婦で長年ためてきた金だった。今回の事件で、ホームの話は白紙状態になってしまったという。
日ごろから「私たち親がいなくなった時のために」と話していた女性の落胆は大きかった。

中日新聞
ttp://www.chunichi.co.jp/00/sya/20070204/mng_____sya_____009.shtml


635 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/06(火) 16:54:27
>>632
これ自殺が未遂で済んだのが唯一の幸いだよな。
犯人はマジで地獄に落ちろ。

636 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/06(火) 17:00:28
>40代の女性
>女性は相手の指示で現金自動預払機(ATM)に行き、言われるままに機械を操作。
>還付を受けたつもりが、複数の銀行口座にあった計約500万円を次々と
>指定口座に振り込んでしまったという。
なんつーか・・・引っかかる方もどうかと思う。
途中で何とも思わなかったのか?ATM使ったことないのか?
70代くらいなら引っかかるのもわかるんだけどさ…

639 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/06(火) 17:06:51
>>636
障害とは認定されない程度の障害があったんじゃないか?

640 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/06(火) 17:12:14
>636
被害者を責める時点で筋違いなんだがN+でもその点かなり叩かれていたね。
思い込みなどで判断能力なんて簡単に狂うから恐ろしい。

もう一つ怖いのは、知的障害者として認定される基準が
自治体の財布の大きさで決定されること。
この人がそうだというつもりは全く無いが、予算に余裕のある自治体では
障害者として保護を受けることが出来る人が、金欠の自治体では
健常者として世間の荒波に放り出されるわけなんだね。
善意が前提で成り立っている社会では「馬鹿正直」が食い物にされることは無いだろうが
ここぞとばかりにしゃぶりつくされるのが今の日本なんだよなぁ。


641 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/06(火) 17:16:53
じゃあいまごろ夕張のまちにはウヨウヨ…

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...