ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その63 » ファミリー(松本洋子)

661 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/06(火) 23:43:31
ちょっと違うけど、昔読んだ漫画を思い出した。

主人公の少女の家は両親と妹との4人家族。
家族と共に幸せな毎日を送っている、というような語りと
その描写から始まる。

ある日、主人公の目の前で妹が高所から転落するという事故が起こる。
だが数日後(次の日だったかも)、妹は何事もなかったかのように元気でいた。
本人も両親も、事故などなかったかのような様子である。

そんな状況がきっかけとなり、主人公は次第に自分の家族に疑問を持つようになった。
やがて、父親の口から衝撃的な真実が明らかになる。

父親によれば、主人公と母親と妹は事故により死亡し、
一人残された父親はある会社に依頼して
失った家族三人のアンドロイドを作ってもらったのだという。

ショックを受けた主人公は父親の制止を振り切って駆け出し、飛び降り自殺を図る。
落ちていく中で彼女は願う。地面に落ちれば血が流れるはずだ。
「機械が飛び出るんじゃないわ」
そこで主人公の意識は途絶える。

場面は変わって、
平和な4人家族の様子が描写され、
主人公の冒頭と同じ語りで物語は終わる。

かなり前に読んだので、台詞とかうろ覚えでスマソ
もし覚えてる方がいましたら、補完お願いします・・・。


664 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/06(火) 23:52:01
>>661
松本洋子の漫画だね

665 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/07(水) 00:13:00
>>661
1993年のなかよし別冊付録「魔物語」に入ってる
「ファミリー」ってやつだ。ってかこれまだ普通に持ってるよwww
他にも「にんじん大好き!」、「最終バス」、「乗り合わせた死神」
どれも劣らず後味悪い話です…

 

魔物語 (講談社コミックスなかよし)
魔物語
(講談社コミックスなかよし)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...