ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » 原作アンパンマン(やなせたかし)

130 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/01(木) 19:57:17
アンパンマン自体、当初はヒーロー物へのアンチテーゼだったらしいね。
おなかを空かせた人に自分の顔を食べさせるしか能のないヒーロー、ってことで。

アニメ化でだいぶテイストが変わってしまったように思うのだが、
やなせ氏本人は後味悪く思ったりしなかったのだろうか。


133 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/01(木) 20:21:24
>>130
子供の頃アンパンマンの絵本見たけど、アニメとは雰囲気が違ってたよ
どことなく暗くてシュールな感じだったと思う
子供心にショック受けた

134 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/01(木) 21:49:51
最近はやなせたかし=アンパンマンみたいなイメージがあるけど
もともとあの人の作品はシュールだったり暗かったり
ちょっと無気味だったり、みたいのが多いんだよね。
アンパンマンの原形になった作品もアニメになったのとは全然別の話だし。

139 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/02(金) 00:07:38
うろ覚えだけれど一番最初のアンパンマンの話
絵本ではなくて大人向けの話でした

アンパンマンは普通のおじさんがマントを羽織っただけのような格好をしている。
アンパンマンはお腹のすいた子どものところに飛んでいってにアンパンをくばる正義の味方。
けれど、(当時の)いまどきの子供達にアンパンを差し出してもあまり喜ばれない。
さらに、スーパーマンなどの正義の味方からは不恰好だと悪口を言われる始末。
あるとき、アンパンマンは戦争中でお腹をすかしている子供達のところへアンパンを
運びに行くのだが、アンパンマンは飛んでいるところを高射砲で撃ち落され死んでしまう。

と言うお話。

 

十ニの真珠 (ふしぎな絵本)
十ニの真珠 (ふしぎな絵本)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...