ホーム » 小説 » 小説/た行 » ドアD(山田悠介)

701 名前:1 投稿日:2007/03/13(火) 18:26:50
『ドアD』
とあるテニスサークルの八人が目覚めた時、そこは四方をコンクリートで固められた
謎の部屋だった。あるのは変なボタンと穴と扉が一つ。しかし扉には鍵がかかっている。
どうやってここに来たのか、何でここにいるのか、まったく思い出せない八人。
全員の携帯は電源が切れてしまい、とりあえず助けを待つため部屋で待機してると
変な穴から水が噴出し始めた。隙間のない部屋にどんどんたまっていく水。
このままでは皆死んでしまう。すると、あることに気付いた。

部屋にある変なボタンを押している間だけ扉が開くのだ。
しかし、それはあくまでも押し続けなければならない。
つまりこの中の誰か一人を部屋に残す(犠牲)にしなければここから脱出できない。

迷っている間にどんどん水はたまっていく。
すると、一人が名乗り出た。こういうのは俺の役だからと。
何でこんなことになったのか。残りの七人がきっと謎を解いてくれる。そう信じて。


703 名前:2 投稿日:2007/03/13(火) 18:41:14
犠牲になってくれた奴のおかげで部屋を脱出できた七人。
しかしそこは外ではなく、さっきと同じようにコンクリートで固められた部屋だった。
ボタン、穴、扉もある。まさか・・・・ここでまた一人が犠牲になるのか。
青くなる七人。すると、今度は穴からガスが漏れ始めた。服で穴を塞いでも意味がない。

そんな時、一人の女の子が名乗り出た。
主人公(女)の親友でもあり、さっきの部屋で犠牲になった男のことが好きだったのだ。
あの人と一緒に逝けるなら と自ら犠牲になる親友。

しかし、脱出できた一行に待ち受けていたのはまたコンクリの部屋。
まさか全員が死ぬまでこれをやるんじゃないか と思い始める六人。
でもこの部屋には穴もボタンもない。呆然としていると、扉から変な子供がやってきた。
話し掛けても何も反応しない。痺れを切らした一人が子供につかみかかると、
そいつもろとも爆発してしまった。きっと触れると爆発する仕組みになっていた
ロボットだったのだろう。無残な姿になった一人を見て、五人は部屋をあとにする。


709 名前:3 投稿日:2007/03/13(火) 18:59:17
進んでいくと、やはりそこは謎の部屋。
違う所といえば、一面ガラス張りでさっきよりかなり広い。
この部屋でも何かが起こるに違いない。身構える五人。
すると突然床が開いて、下の砂地に落とされてしまった。何だ、ただの砂地か。
ほっとするのも束の間、ずるずると砂に引きづりこまれているのに気付く。
そしてまたここでも、一人を犠牲することによって先に進むことができた。

残っているのは、主人公Aと主人公の事が好きなBと
人間的にかなりいい人なCと、性格が悪くて自分だけが生き残ろうと思っているD。

半ば諦めながら進むと、そこには四つのイスが置かれた部屋。
きっとどれか一つが電気椅子なのだろう。そしてそこではDが犠牲になってしまった。
とうとう三人になってしまう。一人が死ねば扉が開くという残酷なシステムに
怒りを覚えながらも、主人公は先へ進む。

次の部屋は、向こうへ渡るには一人を奈落へ落とさなければいけない というもの。
主人公を生き残らせるため、BはCを突き落とす。
仲間に裏切られ、Cは一瞬驚いたが、「生きろ!」と言い残して微笑みながら落ちていった。

そんなCを見て、彼らの犠牲を無駄にしないためにも二人は次へ進む。


710 名前:4 投稿日:2007/03/13(火) 19:14:33
しかし次の部屋を見て、微かな希望も打ち砕かれる。
テーブルには二粒の錠剤。きっとどっちかが毒薬、というところだろう。
Bは、主人公の事が好きだということ、この先に何があろうとも生き残れということを
伝えて、薬を二粒飲み息絶える。とうとう一人になった主人公は先へ進もうとするが
かろうじて生きていたDが、自分が生きのこるために主人公を襲う。
BやCの言葉を思い出し、渾身の力を振り絞ってDを返り討ちにする主人公。
そして主人公は次の扉を開ける。

外、だった。
やっと脱出できたと喜ぶが、そこは一面砂地で人はおろか木の一本も生えていない。
途方に暮れる主人公。すると、自分と同じ目にあった人たちが集まってきた。
自分をよせて七人。とりあえず助けを求めようと歩き出した時、巨大な建物が見えてきた。

中を覗くと、そこはコンクリの部屋・・・・。

愕然とする七人。まさか・・・今度はこのメンバーで・・・。
恐怖に震えながらも、主人公は、Bの言葉を思い出しながら、
絶対生き残ってやる、と決心してEND。


711 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/13(火) 19:19:17
誰が主人公たちを閉じ込めたのか、目的は何なのか、そういうのが一切謎のまま
また殺し合いを繰り返す、ってのがかなり後味が悪い。

712 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/13(火) 19:44:51
お疲れさん。知らなかったから面白かったよ。
CUBEにしろSAWにしろ、起きたら知らん所にいるのは嫌です><

 

ドアD (幻冬舎文庫)
ドアD (幻冬舎文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...