ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その66 » 井伏鱒二

815 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/31(土) 04:01:50
思い出した。嘘ってのと広島で。

井伏鱒二の黒い雨って知ってるかな?
手記の形式を取った小説として知られてるけど、これが真っ赤な盗作。
重松日記って言う重松さんの日記をパクった。
最初は井伏も重松さんとの共著にすると言ってたのに、蓋を開けたらオリジナル作品と吹聴している。
「日記を下敷きにしているが描写は創作的だ」とか言ってかばう人もいるけど、
その創作と言われて評価されてる部分、元ネタの重松日記にもあるんだよ。
重松さんってのがなかなか達者な文を書く人で、元から良い文章だった。
それを井伏鱒二がパクった。
更に賞も取って評価されて有名になったもんだから、あちこちから重松さんに圧力がかかった。
重松さん一家は関わるのが嫌になって、結局オリジナルの重松日記も封印してしまった。
えぐいよね。

 

黒い雨 (新潮文庫)
黒い雨 (新潮文庫)
重松日記
重松日記


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...