ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その69 » 困ってる人を助けたのに

802 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/05/22(火) 14:48:16
若い頃の体験談だが、朝、会社の駐車場付近でオバサンが車を停めてオロオロしていた。
周りの人に話しかけようとしていたが、忙しくて誰もオバサンを気にも止めていない。
俺はいつも早めに出社していたので話かけると、
早く帰りたいのにお金が無くガス欠でどうしようもない、
近くに交番も無いのでスタンドの場所を教えてお金を貸した。
当時新入社員の俺にはキツかったが5000円。(月給前で5000円札しか無かった)

オバサンは、必ず返してお礼をするから連絡先を教えて欲しいと言ったので、
会社の名刺を渡しておいた。
まぁ予想通り2年たってもお金は返ってこなかったし、それどころか連絡さえ
無かったんだけど、その話を同僚にしたら当然ですよ、何で貸すのかと不気味がられた。
困っている人を助けたこと自体を訝しまれて悲しかった(‘;ω;`)ブワッ


807 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/05/22(火) 18:42:00
>>802
うちの母がずっとそんなの。
寸借詐欺だよって言うのに、「財布落とした。帰りの電車代がない」って人にお金渡したり、
病院で薬代の持ち合わせがない人にお金渡したり。
この時は、看護婦さんが、「常習だし、こちらで対応しますから」って言ってるのに、
こそこそ「看護婦さんには内緒ね」とか言ってお金渡して、戻って来ないって泣いてる。

その時、「善行を積んだ」とか言っていい気分になってるけど、
いつも後悔して「そんな人じゃないと思ったのに」とか言って泣く。
裕福でもないのに、馬鹿だと思う。


808 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/05/22(火) 18:55:27
いつか本当に困ってる人を一人助けるかもしれないし
それが俺かもしれないから悪く言えないな

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...