ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その70 » トゥーランドット(ジャコモ・プッチーニ)

32 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/05/26(土) 18:29:48
プッチーニの代表作、歌劇「トゥーランドット」

物語の舞台は、いつかは分からんけど昔の北京は紫禁城。
氷のように冷酷な心を持つ絶世の美女、トゥーランドット姫。
その美貌に惹かれてゾロゾロやってくる求婚者に3つの謎を出し、
一つでも間違えたら首ちょんぱ。
今日も今日とて、ペルシアの王子が処刑される。
広場に押しかけた見物人の中に、身分を隠して諸国をさすらっているタタールの王子カラフがいた。
カラフはその人ごみのなかに、盲目となって流浪する父王ティムールと、王に付き添う奴隷の少女リューを見つけだす。
再会を喜びあう3人。それもつかの間、処刑を見届けるために広場に現れたトゥーランドットに、何とカラフが一目惚れ。
父王とリューが必死に止めるのも聞かず、求婚者の名乗りをあげる。


33 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/05/26(土) 18:31:08
トゥーランドット姫が求婚者にこのような仕打ちをするのは、
男に裏切られて死んだ先祖の王女の恨みを晴らすためだという。意味不明。
姫に出された3つの謎を、あっさりと解くカラフ。
今までさんざん求婚者を処刑してきたくせに、自分が負けた途端、結婚は嫌だと皇帝に泣きつくトゥーランドット。
それを見たカラフは、今度は自分が姫に謎をだす。
「夜明けまでにわたしの名前を当てて見よ!」
当てられなかったら、姫よあなたはわたしのもの。
もし当てられたら、自分は処刑されよう、と。これまた意味不明。
結婚したくないトゥーランドットはお触れを出す。「今宵は誰も寝てはならぬ」
夜明けまでにカラフの名前を知ることができなければ、
北京の町の人々を処刑するという。意味不明を通り越し、理解不能。
そこへティムール王とリューが連行されてくる。昼間カラフと一緒に居たからだ。
王を庇って拷問されたリューは、カラフの名前を明かすくらいなら、と自害する。
彼女は密かに王子を慕っていたのだった。
「彼女はあなたのせいで死んだのだ!」とトゥーランドット姫に迫るカラフ。
どう見てもあんたのせいです。
なぜかいきなり改心する姫。はらはらと涙を流し、「あなたの名前、それは愛です。」
抱き合う二人、高らかに鳴り響く音楽、ハッピーエンド。

何だかね。もう、ね。
トゥーランドットDQN過ぎ。カラフ馬鹿過ぎ。リュー可哀想過ぎ。


34 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/05/26(土) 18:47:17
>>33
これは久々に………wwwww

35 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/05/26(土) 19:54:19
>>32
突っ込みがおもしろくて後味の悪さが半減w

にしてもDQNな登場人物達だな…


43 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/05/27(日) 01:02:02
中国人なのに名前がトゥーランドット

 

魅惑のオペラ 4 トゥーランドット プッチーニ(書籍)
魅惑のオペラ 4 トゥーランドット
プッチーニ(書籍)
プッチーニ トゥーランドット (オペラ対訳ライブラリー)
プッチーニ トゥーランドット
(オペラ対訳ライブラリー)
トゥーランドット 蝶々夫人 ラ・ボエーム (中公文庫―マンガ名作オペラ)
トゥーランドット 蝶々夫人 ラ・ボエーム
(中公文庫―マンガ名作オペラ)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...