ホーム » 小説 » 小説/あ行 » ウエスト・サイド物語(アービング・シュルマン)

772 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/06/23(土) 19:42:33
ミュージカル「ウエスト・サイド物語」のノヴェライズ版のラスト近く。

マリア(トニーが殺したプエルトリコ青年・ベルナルドの妹で、トニーの恋人)が
チノ(ベルナルドの仲間)に殺されたと思い込んだトニーは、
チノに自分も殺してもらおうと、彼のいそうな所を探して回る。
エニボディズ(トニーの仲間)がトニーをかくまおうとするが、
それを振り切ったトニーの胸にチノの銃弾が食い込む。
意識が遠のく中、トニーはマリアが駆け寄ってくるのを目にするが、
確かめる間もなく絶命する。
(ミュージカル自体が「ロミオとジュリエット」等のシェイクスピア作品をパロディーにしているので、
 ノヴェライズ版も「ロミオとジュリエット」風の描写になってるのだろうが、
 ミュージカルではマリアが生きているとはっきり認識した直後、
 トニーはチノの銃弾に倒れるというようになっている。)

ノヴェライズ版は、この後、チノとエニボディズの見守る中、
マリアがミュージカルの有名な台詞
「どうやって撃つの? 弾はあと何発残ってるの?
 チノ、あなたの分は? それと、あなた(エニボディズ)の分は?」
「私達みんながトニーを殺したのよ。
 ベルナルドとリフ(トニーの仲間。ベルナルドに殺された)と私がトニーを殺したの!」
「あなた(チノ)を殺す弾と私の分の弾は残っている?」
と叫んだ後、ドク(トニーが働いていた薬局の親父)が近寄ってきて、
「一緒にトニーのお母さんの所へ行って知らせてあげよう。
お母さんには、トニーの恋人のあんたの慰めが必要なんだよ。」と声をかける。

そこで、それまでの話はおしまい、舞台となったニューヨークの描写と
「人の世のすがた」に関するエピローグがつけられてジ・エンド。
ミュージカルのように銃声に驚いたジェット団(トニーやリフが所属していたグループ)と
シャーク団(ベルナルドやチノのグループ)が飛び出してきて、それぞれのメンバーの何人かが、
トニーの死体を運んでいくことで双方の和解を暗示するシーンも、それにかわる描写もなし。

ノヴェライズ版が消化不良なので、説明もこんな酷いものに。
いや、どうも、ごめんなすって。


773 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/06/23(土) 19:48:05
いくら比較的メジャーなネタだからとはいえ、これまたずいぶんなのが来たな。

 

ウエスト・サイド物語 (角川文庫 赤 335-1)
ウエスト・サイド物語
(角川文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...