ホーム » 小説 » 小説/た行 » 特別料理(綾辻行人)

244 名前:1/2 投稿日:2007/06/29(金) 20:24:21
綾辻行人の「特別料理」

学生時代にゴキブリ入りのカレーを食べたことがきっかけで
如何物、下手物が好きになった主人公は、
コンパの二次会で「フジツボ」を食べたことで、
春だというのに両手に手袋をはめた、咲谷という男と知り合う。
咲谷は主人公と同じ下手物好きで、咲谷のいきつけの店・<>を紹介される。
それから一ヵ月後、妻と共にたまたま<>の前を通りかかった
主人公は、頭の悪い妻を出鱈目な哲学で説き伏せ、<>へと足を踏み入れた。
そこでは牛の睾丸やら仔イルカの兜煮やらコオロギの唐揚げといった「下手物」がメニューに名を連ねていた。
一通りメニューに目を通した後、主人公は「ハツカネズミとハムスターとモルモットのミックスグリル」、
「チャバネゴキブリ入り特製チャーハン・ミジンコ風味」、「蟷螂のガーリック炒め」を頼み、
妻には「ウシガエルとオタマジャクシとその卵の親子三代シチュー」を注文する。
妻は最初はかなり戸惑っていたが、食前に出された「イグアナ酒」を飲むと、
吹っ切れてしまい、主人公と同じく下手物、如何物の虜となってしまう。

それから主人公と妻は幾度となく<>へと足を運んだ。
そんなある日、主人公と妻は店主・由伊に出会う。
由伊は咲谷や従業員と同じく、両手に手袋を嵌めていた。
またある日、由伊に、普段では通されない二階の個室へと案内された。
由伊の話によると、この店にはお得意様にしか出されない「スペシャルメニュー」があるとのこと。
そして、その「スペシャルメニュー」にはABCの三つのランクがあり、
今日は最低ランクである「ランクC」の紹介をしたいとのことであった。
ランクCのメニューには寄生虫関連の料理と、自分自身の吐瀉物、排泄物を使った料理とがあった。
主人公と妻にはスカトロの趣味はないので、寄生虫料理を頼むことにした。


245 名前:2/2 投稿日:2007/06/29(金) 20:25:42
その夜以来、毎回のように個室に通されるようになった主人公は、秋も深まった頃に、
「このことについては絶対に口外はしない」という条件のもと、「ランクB」の料理を紹介された。
ランクBの料理は、人肉料理。しかも舌から卵巣までそろっている。
さすがに抵抗を感じた主人公と妻は少し戸惑う。
が、由伊に口説かれ、「特選焼肉コース」を頼む。
こうして主人公と妻は人肉料理の虜となる。
そして、クリスマスイブの前日の夜、<>に足を運んだ彼等は、
いつものように由伊に案内され個室へと向かった。
そこでついに「ランクA」の料理を紹介されることになった。
が、由伊も従業員もなぜか説明を始めない。
主人公が首をかしげていると、由伊はおもむろに両手を胸元に上げ、
嵌めていた手袋を片方ずつゆっくりとはずし始めた。
「私自身、すでに3回、この料理を楽しんでおります」といい、
自分の手を差し出す。息をとめ、目を見張る主人公と妻。
両手合わせて十本あるはずの指が、右に四本、左に三本しかないのである。
驚きと同時に咲谷が手袋を嵌めていたワケを知り、恐怖する主人公。
が、「俺が俺の指を食べている」という実感を得るために自分の左手の小指を切断するように頼む。
妻は、美容師の仕事に差し支えがあるからダメだと主人公に言われ、ほっとしていたが、どこか寂しそうだった。
主人公はその夜、小指をシチューにしてもらい、食べた。肉も骨も皮も爪も全て食べた。

帰りのタクシーの中、余韻に浸りながら主人公は妻に問い掛ける。
「ねぇ、可菜。そろそろ子供でも作ろうか」
なんとも言えない笑みを浮かべて、可菜はこくりと頷いた。


259 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/06/29(金) 22:04:14
>>244-245
赤ちゃんを食べる気なのだろうか…
単純に子供が欲しくなっただけかな?うーん。

260 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/06/29(金) 22:08:32
>>259
そういや、その手のやつの究極の絶品料理って
生きてる胎児なんだって、どっかで聞いたことある。
胎の中から取り出したばかりのが、最高級とか…。

後味って言うより、普通に怖いんだが…。


261 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/06/29(金) 22:13:31
>>259
そういうのを仄めかしたラストだよね。
でも、もしかしたら純粋に子供が欲しくなっただけかもね。

>>260
中国の金持ちが・・・。っていうのはよく聞くよね。


265 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/06/29(金) 22:34:35
>259
自分はその綾辻の話、原作も漫画化したのも読んだことあるけど
絶対にあのラストは「子供作ろうか(そして食べてみようか)」だと思った
奥さんも意味深に目を輝かせてうなずいてたし

一般ゲテ→(他)人肉→自分の肉→自分の赤ん坊の肉 って食の発展


266 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/06/29(金) 22:38:08
>>265
漫画版があるのか・・・。

 

眼球綺譚 (角川文庫)
眼球綺譚 (角川文庫)
眼球綺譚 ―COMICS― (角川文庫)
眼球綺譚 ―COMICS― (漫画)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...