ホーム » 小説 » 小説/か行 » 火星探検(筒井康隆)

52 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/07/06(金) 18:58:33
筒井康隆『火星探検』
主人公は火星探検隊の一員。シャトルの発射場に向かう電車の中で
少年時代の同級生や、近所のおじさんたちと再会する。
「あの腕白小僧が探検隊員だなんてねえ」
「ちょいと服を触らせとくれ」「ばあさん、服にばい菌がついちまうぜガハハ」
って感じで口々に褒めそやされ、激励されるが、
同級の栗原という男を見つけ、主人公はいやな予感に襲われる。
彼は絵のコンクールで主人公より上だったのを唯一の自慢にしているそうだ。
「日本は世論の関係で出発が遅れてしまった」という話が出たとき栗原が憎らしげに言う。
「今だって火星探検に反対してるやつは多いんだぜ」
「いくら技術が発展しようがこのあたりの家はウサギ小屋さ。
 火星探検には莫大な予算がついてるがな」
まずいことになったと思う主人公。栗原の言葉で周囲の雰囲気は一変した。
「結局は国家の威信のためだものなあ」「そんな金があるなら、養老院でも立ててほしいねえ」
「祝賀会、テレビで見たわよ。タレントにもててたわね。おいしい料理付きで」
「わたしのこと、ばい菌のかたまりだなんて言ったね」
「俺の弁当なんかキムチと煮ぬき卵だけなんだ。ローンでこれがあと十三年も」
主人公の弁解は無視される。

さらに栗原は「おい、こいつを駅に下ろすな」「終点まで、絶対に逃がすなよ」と絶叫。周囲も同調する。
上司に通信機で事情を説明する主人公。上司は国民感情の逆なでを恐れ、補充要員を使うことにする。
「君は次に行ってもらおう。自宅待機。」
主人公は冷静を装いつつ、ぐったりと座席に座り込む。電車を沈黙がおおった。
静けさに耐えかねて栗原がまたしても叫ぶ。
「こいつ、マスコミにしゃべるつもりだ」
「いやだあ。根掘り葉掘り聞きだされちゃうのお」
栗原、さらに絶叫。「やられちまうなら、さきに仕返ししてやれ」と乗客を扇動。
「そうだ」「たたんでやれ」「みんなで殴れば怖くない」
と主人公が袋叩きにされて終わり。

下手な要約でだいぶ抜けたけど、旧知の人間が一転して主人公を責めまくる描写がきつい。
このほかにも後味の悪い部分が満載の短編なので、ぜひ。
『夜のコント・冬のコント』所収です。


54 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/07/06(金) 20:12:22
>>52
里帰りした男がボコられる話もあったよな。

でも筒井の作品は「そういうもん」ってイメージができちゃって、後味悪いと思えなくなるんだよな。
初めて読んだ時は吐き気がしたが。

 

夜のコント・冬のコント (新潮文庫)
夜のコント・冬のコント
(新潮文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...