ホーム » 小説 » 小説/か行 » 黒い玉(トーマス・オーウェン)

81 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/07/07(土) 03:55:17
黒い玉 フランスの作家(名前忘れた)
ある男がホテルに泊まる。
チェックインして部屋に入ると小さな生き物がベッドの下に逃げ込む。
ネズミかと思い、追い出そうとベッドの下を覗き込むが
そこには何もいない暗闇。
おかしいと思い部屋の中を探すと、さっきの生き物が。
ネズミではなく黒い玉のようなものだ。
追い回してようやく捕まえた時、ふいに自分の体が縮んでいく感覚に。

どうやら自分が黒い玉になってしまったようだ。
その時部屋のドアを開ける音がした。
荷物を運んで来たボーイに違いない。
私はこの姿を見られては大変だと思い、とっさにベッドの下に潜りこんだ。
おわり。

これ読んだ後、トトロの真っ黒黒助がちょっと怖くなった。

 

黒い玉 (創元推理文庫)
黒い玉 (創元推理文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...