ホーム » 小説 » 小説/か行 » 鏡(星新一)

900 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/07/19(木) 17:59:46
星新一で合わせ鏡?の悪魔の話なかったっけ。
夫婦と悪魔がどうのこうのってやつ。あれ後味悪かった気が。
ちょっと本屋行ってくる。

901 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/07/19(木) 18:08:00
>>900
あったねえ。夫婦で合わせ鏡から出てきた悪魔をいじめてストレス解消するやつでしょ?
で、最終的にはどっちも死んじゃう。
悪魔はそのまま鏡の中に帰る。「ボッコちゃん」だったかなあ。

907 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/07/19(木) 19:58:46
>>901
ある夫婦が合わせ鏡で悪魔を捕まえる。
最初は気味悪がっていたものの、飼っていても別に何も起こらないし、
弱そうなんで、夫婦は悪魔をいじめて憂さ晴らしをするようになる。

イジメで憂さ晴らしできるおかげで、仕事も家庭も上手くいくようになる夫婦。
しかし、上手くいって地位が上がるほどストレスも増え、悪魔へのイジメは
尻尾を切ったり頭を叩き潰したりとどんどん苛烈になっていく。

ある日、髪を整えようとした妻が合わせ鏡を作ってしまい、悪魔は逃げる。
怒る夫、口答えする妻。
しかし、ストレスを発散してくれる悪魔はもう居ない。

口げんかはどんどんエスカレートし、夫の手には金槌が、妻の手にはハサミが握られた。

こんな感じだった気がする。

 

ボッコちゃん (新潮文庫)
ボッコちゃん (新潮文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...