ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その75 » ドラマER/シーズン11第7話「白人で髪は黒」

351 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/08/07(火) 10:18:39
ドラマERであったストーリー

クリスマス、一人の少年がER(救急医療室)に運ばれてくる。
銃撃戦で怪我を負ったらしい。
処置の最中、医師は少年が隠し持っていた銃を発見する。
医師は、少年の銃を取り上げ
クリスマス会パーティーのプレゼントとして買ってあった
ちょっと高価なゲーム機をプレゼントする。
「銃なんかより、こっちの方が良いだろ?」と。

少年が退院して数時間後、話を聞きつけた少年の仲間たちが
「ここにくれば、銃とゲーム機を交換してくれるんだろ?」
と、病院に押し掛けてくる。
医師は驚くものの
「それで少しでも、少年達の銃犯罪が減れば・・・」との思いから
自腹を切って、少年達の銃とゲーム機を交換する。


352 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/08/07(火) 10:19:09
少年達から取り上げた、大きな袋いっぱいの銃を抱え満足する医師。
ほっとしたのもつかの間、次の患者が運び込まれる。
どうやら、幼児が銃撃戦の巻き添えで撃たれたらしい。
必死で手を尽くそうとするが、とき既に遅く
銃弾は脳に達しほぼ即死だった・・・

肩を落とす医師の元に、犯人が警官に連れられてくる。
(どうやら、怪我を負ったらしい)
驚くことに、その犯人は・・・銃を取り上げたはずの最初の少年だった。
少年:「上手い事銃を取り上げたと思ったか?銃なんていくらでも手に入るんだよ!」

少年達から取り上げた、袋いっぱいの銃をぶちまけて医師は叫ぶ。
「お前らこの銃で!子供が死んだ!脳みそを撒き散らして!
 それでも銃が欲しいか!だったらくれてやる!全部持っていけ!」
まったく動じない表情の少年。
やりきれない表情で、ぶちまけた銃を見つめる医師。

このストーリーは後味悪かった。


353 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/08/07(火) 11:59:01
>>351-352
医師が可哀想過ぎる。
せっかく社会のために貢献しようと自腹まで切ったのに報われねぇ・・・

354 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/08/07(火) 12:39:27
そうか?
馬鹿過ぎると思う。
銃を取り上げるだけで問題解決!と自己満足に浸ってるところが。

355 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/08/07(火) 12:41:13
まあカーター先生って最後まで馬鹿だったからね

360 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/08/07(火) 15:50:00
カーター先生は
だんだん後味の悪い存在になっていったよな。

362 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/08/07(火) 16:05:00
カーターはいいやつだよ。
彼女がケツアゴと寝てるの目撃したけど立ち直ったんだぞ。

363 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/08/07(火) 16:10:49
「まったく動じない表情の少年」てのは記憶作ってるよ
死んだのが小っちゃい子だったと聞いて少年はちょっと「うぬぅ…!」って顔になった
あとカーターは確かにバカだけど別にそれで問題解決すると思ってやったわけじゃないし
ゲーム機はすぐ尽きたから、あとは適当なもん渡してたし

 

ER 緊急救命室 XI 〈イレブン・シーズン〉DVDコレクターズセット
ER 緊急救命室 XI 〈イレブン・シーズン〉
DVDコレクターズセット


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...