ホーム » 小説 » 小説/さ行 » 白い歯(阿刀田高)

668 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/08/16(木) 08:28:38
阿刀田高 「白い歯」

主人公には、妊婦の妻がいる。
主人公の母が死んで数ヶ月経っている。いずれ故郷に納骨する予定だが、
まだ自宅に遺骨を置いている。

ある日の夕食、主人公は歯が悪く食が進まない。逆に妻は、虫歯ひとつ無く頑丈な歯である。
妻は、自分は歯が良く歯が良い子は秀才であると語り、主人公も納得できなくもなかった。

食後、妻が粉薬を飲み始めた。
主人公「風邪か?」
妻  「生まれてくる子供の歯の為にもカルシウム摂るのが大事よ・・
    間に合ってよかった」
主人公「??」
妻  「うちの田舎じゃ頭のイイ子には、頭の骨が一番イイんだって・・
    いけなかった?」

妻は、部屋の片隅にある遺骨に目を送った。
主人公は、母の死が医師の予測より早かったことを思い出した。


669 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/08/16(木) 08:34:03
>>668
初めて読んだ時は
そんなもん呑んだこと無いのに
口の中に粉っぽさが広がる気がした
はだしのゲンに出てきた(?)
原爆で死んだ人の骨を砕いて呑むと原爆症が治る、
とかいう話を平行して思い出してますます、ぅぇー。

670 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/08/16(木) 08:42:59
>>669
ちなみに妻の田舎の設定は広島です。。

 

ナポレオン狂 (講談社文庫)
ナポレオン狂 (講談社文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...