ホーム » 小説 » 小説/さ行 » ジェットコースター(山田悠介)

736 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/08/17(金) 04:57:36
山田悠介で思い出した

題名忘れたが
宙返りジェットコースターの客が「偉い人たち」の賭けの対象になり
宙吊り状態で床が外れてストップし 全員腕だけでぶら下がることを強要され
力尽きた人から落ちて死んでゆき 最後の1人になるまで続けさせられる

主人公は彼女とデートに来て巻き込まれて
その彼女も主人公に「今まで幸せだった」とお礼を言って落ちてゆき
最後
主人公と 見知らぬ親娘の3人が残る
親は子をかばい 手を貸しながらぶら下がり続けてるんだけどもう限界で
父親は「私に限界が来たら 娘と一緒に落ちる あなたが生き残ってくれ」って言う
でも主人公は 自分と父親が死んで 小さな娘を生かす道を選択する

賭けしてた奴らはのほほんと次の賭けの対象に移ってゆく
娘は生き残り 明るく成長してく

みたいな話
こんな理不尽な話なのに 何 爽やかにまとめてんだよ
って思った
それ以来 山田悠介は読んでない

 

8.1―Horror Land (角川文庫)
8.1―Horror Land (角川文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...