ホーム » 小説 » 小説/は行 » 昼さがりの死(レイ・ブラッドベリ)

643 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/09/05(水) 14:52:47
かなり前に読んだのでうろ覚えですが・・・
レイ・ブラッドベリ「昼さがりの死」

主人公は「君」。
君は血友病。
ほんの少しのケガが命取りになるため、常に血液凝固薬の錠剤を持ち歩いている。

君は最近、命を狙われている。
麻薬を常用する恋人を救うため、密売組織を告発したからだ。

郵便に仕込まれたカミソリ。
ヤスリで鋭く尖らせた車の取っ手。
レストランのフォーク。
それらが次々と君に血を流させる。
でも君は「薬さえあれば自分は不死身」と己に言い聞かせている。

ある日、君は恋人に海に誘われる。
車で人気のない道をかなり走った穴場の浜辺で2人きり。
恋人が君の背中にサンオイルを塗ってくれる。
しばらくして恋人が言う「背中の感覚ってかなり鈍いの、知ってる?」
「そんなことない」と否定する君の背中を、恋人はくすぐる。
縦に3本、長いライン。君はそれを正確に当て、恋人は笑いながら降参する。
太陽に暖められていつの間にかまどろむ君。


644 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/09/05(水) 14:54:56
君は目を覚ます。恋人の姿はない。
背中や首筋や、周りの砂がぐっしょりと汗で濡れている。
汗?
君は自分の背中を見、手で触る。
掌には真っ赤な血が、べっとりと。
背中には深い傷跡がざっくりと走っている。3本。

車のエンジンの音。
恋人が、君の車に乗って走り去ってゆく。

君は全てを悟る。
あのサンオイルには麻薬が。背中の感覚を麻痺させて、そして・・・
彼女は君の背中をくすぐった。素敵な鋭いフジツボの貝殻で。
薬。
君は傍らのカバンに飛びつく。その中に薬はない。抜け目ない彼女が持ち去った。
君は、砂浜からあがる長い階段を見つめる。
炎天下。助けを求める人もいない。何マイルも行かないと街には帰れない。
眼前に果てしなく長く聳え立つ階段。
背中の傷からだらだらと流れ出し、失われてゆく君の命。
君は呟く。「絶好のお散歩日和じゃないか」・・・


645 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/09/05(水) 14:57:33
内容も良かったが
文章のまとめ方に感心した。

原文もこんな感じなのかな?


650 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/09/05(水) 16:43:19
ジャンキーとは付き合うなって話ね

653 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/09/05(水) 16:51:02
まあ、どうしようもなかったんじゃないか個人じゃ。医者に預けて入院させたほうが
よかったな。
まあ恋人がいる奴なんて(ry

654 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/09/05(水) 17:06:36
本人に止める意思がなけりゃ他で手に入れるだろう。
麻薬組織密告しただけで救ったような気持ちになってるのが気持ち悪いな。

 

十月の旅人 (新潮文庫)
十月の旅人 (新潮文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...