ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その77 » ブラックジャック/第218話「戦争はなおも続く」(手塚治虫)

288 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/09/17(月) 00:43:30
漫画BJネタから。
シル国とシラヌ国は長年戦争を行っていて、そのどっちか忘れたけどBJがやって来た。
依頼主は母と息子二人暮らし、息子は重度の椎間板ヘルニアでずっと寝たきりだった。
母親は1日でも早く病気を治してもらってお国の為に戦いなさいと息子に言う。

手術の日も決まったある日BJが息子の様子を見に行くと
母親が息子をベッドからおろし無理やり歩かせようとしていた。BJは
「そんな無理に歩かせたら一生寝たきりになるぞ!あんたは本当に息子を助けたいのか?
とても母親のする事じゃない!」と言うが、

国の為に戦わない息子が不甲斐ない。情けないと罵声をあげる。
そして手術前日息子の部屋に行くと母親が息子を又歩かせようとしていた。
そこでBJは異変に気付く、いつも家の中だけ母の態度が変わるのだ。
BJが壁を叩き、ナイフで抉るとそこには盗聴器が。
途端に泣き崩れる母親。親子は国から盗聴されていたのだ。
母親は息子を戦争に行かせたくない一心国から目をつけられているのでわざ罵声をあげ、息子に無茶をさせていたのだ。

母親の本心を知った息子は母の苦しみを知り、これ以上母に辛い思いはさせまいと手術を受ける。
見事に手術は成功。リハビリの後歩けるようになる息子。しかし当然国から徴兵の手紙が届く。
息子よ行かないでくれと泣き縋る母に「大丈夫。僕は必ず生きて帰ってくるよ」
と言い、家を後にする息子。

ラストのコマで、密林の中横たわる息子。「その後息子は二度と家に帰る事はなかった。
戦争の最前線に立たされ敵の銃弾を受け死んだ。皮肉にも弾が当たった場所はBJが手術した場所であった……」


292 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/09/17(月) 03:42:35
>>288

ちょっと最後が違う気がする
BJは母親の本心を知って「絶対安静を要する」って診断書(ニセ)を
書いて助けようとするが結局無駄になるって感じじゃなかった?

 

ブラック・ジャック (25)
ブラック・ジャック (25)
ブラック・ジャック Vol.14 [DVD]
ブラック・ジャック Vol.14 [DVD](アニメ)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...