ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その77 » ハロー張りネズミ/殺意の領分(弘兼憲史)

343 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/09/19(水) 07:55:38
弘兼憲史「ハロー張りネズミ」より

男は息子・娘と三人でのドライブ中事故に遭い、娘が崖から転落して死亡する。
その後失踪したその男が、失踪後に関係を持った女を撃ち殺し崖から落とした容疑で
指名手配になっている事を知った妻は探偵である主人公に捜査を依頼してくる。

男は事故の時、崖にぶら下がる自分にしがみつく息子と娘のうちどちらか1人しか
助けられないと思い、娘を振り払い死なせた事がトラウマになっていた。
付き合っている女が偶然崖から落ちそうになった時、それがあの時しがみついてきた娘に見え
おそろしくなって撃ったのだった。

探偵の捜査により、その男が今度は息子を殺すために帰ってくる事がわかった。
娘と息子を天秤にかけ息子を選んだのが不公平だというのだ。
まんまと息子を連れ出した男だが遊園地の観覧車で警察に撃ち殺される。

男を焼く火葬場の煙突を見上げて妻は
「今、娘が天国から迎えに来てるの。本当に嬉しそうに2人は再会してるわ」
空に手を取り合う娘と男の姿が見える。

何が後味悪いって、自分の勝手な考えで子供の命を好きにしようとする男なのに
何をいい話的にオチつけてんだ…って事


344 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/09/19(水) 08:12:47
>>343
でもそれは不幸な事故によって心の病気になっただけだから仕方ない。

という考えかたも世の中にはある。


345 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/09/19(水) 08:32:45
うん、不幸な事故で気狂いになった男が、射殺されてやっとまともになって娘と再開…と思うこともできる。

351 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/09/19(水) 13:35:00
>>343
ハローハリネズミってタイトルだけ知ってたけどそんな話だったのか

頭おかしくなって自分の息子を殺しにきた夫にそう言ってあげられる奥さんに涙

 

ハロー張りネズミ (12) (講談社漫画文庫)
ハロー張りネズミ (12)
(講談社漫画文庫)
ハロー張りネズミ 殺意の領分編 (プラチナコミックス)
ハロー張りネズミ 殺意の領分編
(プラチナコミックス)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...