ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その77 » 金田一少年の事件簿/黒死蝶殺人事件(さとうふみや)

885 名前:1/2 投稿日:2007/10/09(火) 23:55:55
長くなっちゃったけど
漫画「金田一少年の事件簿」より「黒死蝶伝説殺人事件」

主人公の高校生探偵金田一一(きんだいち・はじめ)が、目の前で起こる難事件を
持ち前の推理力で解決していく形式で物語は進む。

ある日金田一は、知り合いのルポライターの取材に同行して、とある資産家A男の屋敷を訪れる。
彼は世界的な蝶コレクターであり、高名な研究者でもある。
A男には美貌の妻B子と、同じく美貌の三人の娘がいる(娘たちはA男にはまったく似ていない)。
そして、金田一たちが屋敷に滞在している間に連続殺人事件が起こり、
娘が二人とA男自身が次々に殺されてしまう。

金田一の推理によって、犯人は殺された娘の婚約者として屋敷に出入りしていた
青年C太であることが判明するのだが、それから明らかになる事実が後味悪い。

C太の正体は、B子が(資産家A男と結婚する前に)別の男D助との間にもうけた子供だった。
D助もまた蝶の研究者であり、自分の発見した新種のサナギを羽化させようと研究に
励んでいた。D助は研究に目処がついてからそれを発表するつもりだったようだが、
当時恋人であったB子にはサナギのことを打ち明けていた。

ところがある日、当時D助の先輩研究者だったA男が、その新種をD助より先に発表する。
新種研究のことは自分とB子以外は知らないはずなのに何故? D助は、B子が
A男(当時から金持ちだった)の資産に目がくらんで情報を漏らしたのだと考え、
恋人に裏切られた絶望で自殺してしまう。

その後生まれたC太は間もなく里子に出されたが、ひょんなことから実父D助の日記を
手に入れ、事のあらましを把握する(このへんうろ覚え)。そして、研究成果を
横取りしたA男と、何よりも父親D助を裏切った母B子に復讐するために婚約者として
屋敷に入り込み、まずは娘たちから、そしてA男を手にかけていったのだ。


886 名前:2/2 投稿日:2007/10/09(火) 23:56:57
しかし、ここでB子の口から新事実が発覚する。

殺された二人を含むA男とB子の娘たちは、A男ではなくD助とB子の間にできた
子供なのだという。B子が長女を身ごもった時点でD助は既に死んでいるので普通なら
考えられないことだったが、B子は冷凍保存したD助の精子を使って三人の娘をもうけた
のだ(確か、当時のB子自身がその方面の研究に携わる学生だったのでそれが
可能だった、ということだったと思う。このへんもうろ覚え)。

A男にサナギのことをばらしたのもB子ではなく、彼女は彼女で、D助の研究を
横取りしたA男を憎んでいた。そしてB子は、娘たちをA男に養わせて何不自由なく
育てたあと、彼が寿命で死ぬ間際にでも「娘たちはA男の娘などではなく、
お前とは縁もゆかりもない他人だ」とばらして絶望させようという、彼女なりの
復讐を考えて実行していたのだった。

つまり、殺した娘たちもC太も、B子とD助という同じ両親から生まれた実の兄妹だった。
実父の復讐のつもりで殺人を犯してきたC太だが、知らずに実母の復讐を邪魔し、
実の妹まで手にかけてしまっていたのだ。そのことに思い当たって愕然としたC太は、
自らを刺して自害する。
そして、A男への復讐という目的を失ったB子もまたその後を追い、屋敷に火を放って
自殺してしまう。

結局、B子とC太が死んだ後になって、A男にサナギのことを漏らしたのはD助の研究室に所属する
教授だったというのが明らかになる。資産家のA男に資金援助を受けていた教授は、彼の機嫌を
取るために喋ってしまったのだと言う。

この男がなんとなく最後まで生き残り(自分ががあの時もっと何とかできれば、という
後悔はあったようだが)、しかもB子もC太もこの教授がいわばすべての元凶だと知らない
まま死んでいったのが、なんだかなという感じで後味悪かった。


887 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/10/10(水) 00:12:47
B子が子供を道具のようにしか思っていないのがムカつく

888 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/10/10(水) 00:14:41
Aは被害者じゃん。カワイソス

892 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/10/10(水) 00:44:16
>>888
AはAでひどい奴だったよ。
うろ覚えだけどD助のことをいびってなかったっけ。
B子に対してもDVしてたし。

893 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/10/10(水) 01:02:33
まあ、あの回は
1.まさかの犯人再登場
2.まさかのロリ即死亡
特に2が後味悪い

899 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/10/10(水) 10:05:29
金田一は、全部謎を解くまで
ずーと黙ってないで、その都度に警察に報告しろ。
で、いちいち全員集めて謎解きしないで
まずは容疑者を確保しろ。

何回、謎解き後に自殺されたら気が付くんだ?


903 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/10/10(水) 10:48:36
金田一耕介のほうも犯人死亡はデフォだからなー

904 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/10/10(水) 11:49:17
>>893
1も十分後味悪いだろ
最愛の恋人が殺されたらしい→でも誰が殺したかは分かんない
→なら容疑者全員殺せばええやん→無差別連続殺人(ヒロインの親族含む)
→なんだかんだで最後自殺?するも死体上がらず
~~ここまで前の事件~~
→885の事件に、記憶喪失の青年として再登場
→事件解決後、過去に自分がしたことも原因となった最愛の恋人のこともすっかり忘れ娘の一人と結婚。
(物凄く幸せそうな結婚式のシーン)
→金田一「あいつはもう別の人間だから許してやろう」

ちょっとまておまえら。そして警察もヒロインも納得するんじゃねえ。

 

金田一少年の事件簿File(16) (講談社漫画文庫)
金田一少年の事件簿File(16)
(講談社漫画文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...