ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その84 » 単行本未収録のあーみん劇場の話

745 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/23(日) 15:17:40
単行本未収録のあーみん劇場の話。十五年以上前なのでうろ覚え。

ある時あーみんが公園に行くと、近くの小学校の子供たちが絵を描いていた。
子供たちは公園にあるものをそれぞれ自由に描いていたが、ある女の子の絵を見てあーみんは驚く。
その女の子は、ただ赤いクレヨンで画用紙を乱雑に塗りたくっているだけだったのである。
あーみんがその女の子にこれは何かと尋ねると、
「これは指を切って血がドバドバ流れているのよ。」
ぎょっとして顔に縦線を作っているあーみんに他に描いた絵の内容も話し出す。
見ればどの絵も先ほどの絵と同じようにただ赤いクレヨンで塗りたくっているだけの絵であった。
「こっちは首を鋏で切られて血がドバドバ出てる絵。こっちはおなかを刺されて血がドバドバ出てる絵。」
ドン引きしているあーみんをよそに、女の子は描き終わったとばかりに向こうへ行ってしまうのであった。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...