ホーム » 小説 » その他書籍 » 検死官の書いてる実話もの本か

290 名前:本当にあった怖い名無し :2008/07/29(火) 19:51:47
検死官の書いてる実話もの本から

ある男性は、大人しいが優しい奥さんと、姉弟を子に持つサラリーマン。
仕事も順調で幸せな日々を送っていたが、奥さんから浮気疑惑を持たれてしまう。
問題となったのは、接待で行ったキャバクラで撮った写真。
仕事で行っただけだといくら説明しても、箱入りで育った奥さんには、
派手な服を着た色っぽい女性と隣り合って笑う男性の写真は
浮気をしている証拠のものにしか思えないと言う。

そんな言い合いの日々が続いたある日、男性は死体となった奥さんを発見する。
男性の不貞に耐えられず自殺するとの書置きが残されていた。
全くの誤解なのにと嘆く男性。
しかし、誤解で自殺などするはずがないと、子供たちは男性を嫌悪するようになった。
そして奥さんの自殺からしばらくして、今度は子供たちが自殺した。
母を死に追いやった父親のもとにはいられない、母の後を追うと姉が言い出し、
弟はその言葉に同意し、姉弟は心中したのだった。
遺書には「お父さんは私たちにさわらないでください」と書かれていた。


296 名前:本当にあった怖い名無し :2008/07/29(火) 20:08:30
>>290
それはなに、バカの子供はバカ揃いって話か。

299 名前:本当にあった怖い名無し :2008/07/29(火) 21:02:55
>>296
偏った価値観>>>>>>>>>>死
で育てられた母親とその子供たちなんだからそうしても不思議じゃなくね
理解できない=バカと思考停止するのはよくないぞ

300 名前:本当にあった怖い名無し :2008/07/29(火) 21:05:01
>>299
ちゃんと浮気かどうか調べもしないで思い込みを貫くのは、ただのバカです。

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...