ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その98 » 殺人の追憶

463 名前:本当にあった怖い名無し :2008/12/31(水) 00:43:26
おそらく韓国映画。
『殺人の追憶』
ある小さな農村で、女性が連続して殺害されるという事件が起こった。
事件の担当刑事であるAとBは捜査を進め、事件の起きる日が必ず雨だということ、
また被害者の着衣の色が赤だという共通点を見つける。
そして村民の情報から浮かび上がった一人の青年C。
彼は知恵遅れであり、事件前から若い女性につきまとっているところを目撃されていた。
さっそくCを逮捕するが、その間にまた新たな殺人が起きてしまう。AとBは仕方なくCを家に返す。
さらに捜査を進めると、もう一人の容疑者Dがあがってきた。
Cは犯人ではなく、目撃者だったのだ。
A、Bは話を聞きに行こうとCの元へ行くが、尋問されたときの恐怖からCは二人に怯え、逃走。
そのまま電車にはねられて死亡してしまう。
遺体に残されていた精液が最後の手段となり、当時韓国ではできなかったDNA鑑定を他国で行うことに。
Dが真犯人であるということに自信を持つA、Bは、返ってきた結果をDの前で開封する。
しかしその内容は、DNAがDとは一致しないというものだった。
チャンチャン。

464 名前:本当にあった怖い名無し :2008/12/31(水) 00:46:34
オチなしっスか

 

殺人の追憶 [DVD]
殺人の追憶 [DVD]
殺人の追憶(小説)
殺人の追憶(小説)
華城事件は終わっていない 担当刑事が綴る「殺人の追憶」(書籍)
華城事件は終わっていない
担当刑事が綴る「殺人の追憶」(書籍)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...