ホーム » 小説 » 小説/か行 » 神に背を向けた男(浜田翔子)

38 名前:本当にあった怖い名無し :2009/01/15(木) 21:17:39
レディース漫画の「神に背を向けた男」。

主人公は、少年時代に父の仕事関係の知り合いの男に自宅を襲われ、
両親を殺害されて、姉を犯されたうえで植物人間にされる。
生き残った主人公は復讐を心に決め、大富豪の醜女に引き取られて性玩具になりながらも
高い教育や社交界のマナーから性技までの仕込みを受けて育つ。

やがて機が熟すと、主人公は家庭教師として犯人の男(今や財界で成功を収めていた)の家へ乗り込む。
男には、若い貞淑な後妻と、仕事の秘書でもある年増の愛人(昔の襲撃事件にも関与)、
男好きな双子の娘、清楚な女子高生の娘、中学生の息子がいた。
主人公はまず、家柄目当てで世間知らずなまま愛のない結婚をさせられたという妻を口説き、
持ち前のベッドテクニックで篭絡して、裏ビデオを社交界のルートに流す。
裏ビデオの存在を知った男は、妻を激しく責め立てて自殺に追い込む。
次に、双子の娘を口説いて媚薬?で頭をおかしくし、レズビデオ嬢に仕立てて身柄を売りさばく。
続いて、丸め込んだ愛人の手引きで、男を騙して処女だった高校生の娘を犯させる。
父親に処女を犯された娘は、発狂して精神病院に入る。
精神的に追い詰められた男は、さすがに主人公が怪しいと気付くが、
自社の筆頭株主にさせてやっていた愛人の手によって社長の地位を解任されており、
すでに身ぐるみ裸の状況。主人公はさらに、用済みになった愛人の女も裏ビデオ界に売る。
最後の仕上げで主人公は自分の正体を明かして男を刺殺する。が、
家庭教師の自分になついており、かつての自分の境遇と重ねて情が移っていた中学生の息子だけは
命を助けてやり、自分とともに裏世界で生きるよう一緒に連れて去る。END


39 名前:本当にあった怖い名無し :2009/01/15(木) 21:19:42
けっこう人気のある作品(女性読者に!)なんだが、
一家をメチャクチャにされて復讐心に燃えるまでは解るけど、なんでそこで
無関係な妻子まで死に追いやったり精神的に破滅させたりするのか、サッパリ理解できん。

百歩譲って、「たとえ利用されただけでも、女として生まれた悦びを知って本望だった」という妻や
好き勝手やっていてAV嬢もお似合いなアバズレの双子娘はまだいいとしても、
父親に処女を犯されて精神異常をきたした高校生の娘は、どう見ても一方的に悲惨な被害者。
自分の姉だって同じ年恰好の頃に犯されて植物人間にされたのに、他の娘にも同じ事やるのか?

題名にもあるように、主人公側も決して正義ではなく、ダークサイドに堕ちた人間
という設定で描かれているけど(でもカッコイイ美形に描かれている)、なんかすっごい後味悪い。
息子を助けるあたりは、なんかちょっと心の交流みたいなイイ話に
爽やかな画面タッチで描かれているだけ余計に。


42 名前:本当にあった怖い名無し :2009/01/15(木) 22:03:12
>39
無関係な自分の一家を滅茶苦茶にされたからだろ。なんで理解出来ないの?

44 名前:本当にあった怖い名無し :2009/01/15(木) 22:24:24
>>42
自分がそれをやられて心底傷付いたなら、なおさら
他人の妻子がそんな目に遭うのも我慢ならないのが普通の人情じゃないのか?

46 名前:本当にあった怖い名無し :2009/01/15(木) 22:31:52
>44
実際にそんな目にあったことが無いからわからんが
復讐で無関係の子供を殺そうとしたときに「ダメだできない!」てのも
「ざまみろ」てのもどっちも理解出来るよ。普通がどうとか関係ない。

47 名前:本当にあった怖い名無し :2009/01/15(木) 22:37:43
>>44
ダークサイドに落ちてるなら、「目には目を」的な報復も厭わないってことだと思う
自分たちの犠牲の元に成り立った家庭なら、壊したくなる気持ちも分からなくも無い

 

神に背を向けた男 (1) (白泉社文庫)
神に背を向けた男 (1)
(白泉社文庫)
神に背を向けた男 (2) (白泉社文庫)
神に背を向けた男 (2)
(白泉社文庫)
神に背を向けた男 (3) (白泉社文庫)
神に背を向けた男 (3)
(白泉社文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...