ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » ミミズクの目

314 名前:本当にあった怖い名無し :2009/01/20(火) 23:39:07
むかし児童書で読んだ話。ウロ覚えです。

全盲で貧乏な男が、親切なミミズクに毎日昼間だけ目を借りる。
おかげでまともな職に就けて、暮らしが豊かになる。しかし、だんだん欲が出て来て
目を返すのが惜しくなり、ミミズクとの約束なんか守ってられるかと
目を返すのを止めてしまう。数日後、突然男の目が見えなる。
混乱する男にミミズクが語りかけてくる。
「あなたが目を返してくれないから、私は餌が取れなくなり餓死した。
 だから元は私の目である、あなたの目も見えなくなった。」
結局男は全盲で貧乏に戻った。


317 名前:本当にあった怖い名無し :2009/01/20(火) 23:55:05
男ざまあwww
ミミズクカワイソス

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...