ホーム » 小説 » 小説/た行 » 直腸内異物(雨宮淳司)

691 名前:実話怪談 1/2 :2009/02/24(火) 13:21:36
実話怪談の、「超」怖い話 超-1怪コレクションより「直腸内異物」

個人病院で婦長をしている人から聞いた話。
病院に一人の少年がやって来た。詰め襟の学生服で、真面目そうな中学生。
院長が診断するも、症状をはっきり言わない。
そんな態度に院長は何やらピンときたらしく、そっと婦長に少年の下半身をレントゲンで撮るよう言った。
するとビックリ、直腸近くの肛門内に異物発見。自慰に使って取れなくなってしまったのだろう。
院長曰く、思春期の少年に時折あるケースとのこと。院長は無料&親に内緒で異物を取ってやった。

それから数ヶ月して。
またも少年がやって来た。さすがに院長も渋い顔をしたが、少年の顔色が尋常じゃなく悪い。
院長は再び婦長にレントゲン撮影を命じた。
そしてやはり直腸近くの肛門に異物が見付かったのだが、それがなんと亀の子タワシ。
物理的に入れられるものじゃない。病院内は騒然となった。
けれども、まずはタワシの除去が先。
院長は、麻酔を掛けた後肛門を拡張、そこに手を突っ込んで取るという方法を選択した。
そうなると、麻酔の許可を親に取らねばならない。
婦長が少年宅に電話すると、母親は「あの子達は何も悪くないですから!」と叫んで泣き崩れた。
その後どうにか麻酔の許可を取り、親が来るのをまたずにタワシ取りスタート。
手が細い方がいいということで、婦長が手を突っ込むことになった。
少年の肛門に手を入れる婦長。
何とかタワシを握り締めた瞬間、逆方向、つまり少年の体内の方から手を掴まれた。
驚いた婦長は手を引こうとするが、掴む手はビクともしない。
混乱に叫びだしそうになったとき、突然解放された。同時にタワシも無事除去。
しかしあまりの出来事に、婦長はしばし言葉をなくした。


692 名前:実話怪談 2/2 :2009/02/24(火) 13:22:25
それから暫くして。
婦長は院長に呼び止められた。「例の少年のことだけど」。
体内で手を掴まれたこともあり、婦長は院長の話に食いついた。
院長にも引っ掛かるものがあったらしく、近隣の医者仲間に情報を募ったらしい。
すると、驚くべきことがわかった。
「あの少年には姉がいた」
婦長は母親の言葉を思い出した。あの子「達」、と複数形て言ってなかったか。
「まさか」と青くなる婦長に対し、院長は頷いた。
やはり少年の姉もまた、体内の異物に悩まされていたらしい。
姉は子宮内に異物を入れて来る女の子として、地域の産婦人科医の間で有名だった。
姉自身は「突然体内に物が湧いた」と主張したが、当然信じられるはずもなく、自慰中の事故として好奇と侮蔑に晒された。
しかし、その「異物」がだんだん大きくなるにつれ、周囲の目も変わってくる。
「最後は千枚通しが入っていたらしい。結局開腹手術をして取り出したそうだ」
誰が、どうやってそんなものを少女の腹に仕込んだのか。
「突然体内に物が湧いた」という少女の言葉が現実味を帯びたが、カルテにそう書くわけにもいかない。
仕方なく、医者達は「直腸内異物」と呼ぶことにしたという。
「今、その子達は…?」
婦長がその姉弟の現在を問うと、院長は短く「死んだ」と答えた。
「お姉さんは開腹手術の後、精神的にかなり参っていたらしい。
 それもあってか、弟の騒動からしばらくして、一家心中したそうだ」

おしまい
手元に本はあるけど、二度と読みたくなかったので多少描写は適当です。


693 名前:本当にあった怖い名無し :2009/02/24(火) 14:34:35
確かに腸怖いな

 

「超」怖い話 超‐1 怪コレクション〈Vol.3〉 (竹書房文庫)
「超」怖い話 超‐1
怪コレクション〈Vol.3〉 (竹書房文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...