ホーム » 小説 » 小説/さ行 » シャーロック・ホームズ/オレンジの種五つ(アーサー・コナン・ドイル)

757 名前:本当にあった怖い名無し :2009/02/26(木) 10:03:08
シャーロック・ホームズシリーズの「5粒のオレンジの種」。

ある日ホームズの所に依頼人の青年がやって来る。
曰く伯父と父が相次いで謎の死を遂げた。
その直前に二人は共通して、封筒に5粒のオレンジの種だけが入った
奇妙かつ意味不明な郵便物を送りつけられていた。
その封筒がついに自分宛てにも届いたので助けてほしい、と。

5粒のオレンジの種を送りつけるのは、秘密KKKの殺害予告である事が程なく判明。
だが依頼に来たすぐ次の朝、青年もまた恐れていた通り殺されてしまう。
自分を頼ってきてくれた依頼人をむざむざ殺されてしまったホームズは、
せめて青年とその家族が味わった恐怖を差出人にも味わわせるべく、報復を決意する。
郵便物の差出人がある船の乗組員である事を突き止め、
その船が次に着く港を調べてその船宛てにオレンジの種5粒を送りつける。
だがwktkしていたホームズが後日見た新聞には、海難事故の記事。
その船は港へ向かう途中で嵐に巻き込まれて沈没、
ホームズの送ったオレンジの種が差出人に届く事はなかったのである。

ホームズが解決出来ず依頼人が殺されてしまった事件というだけでも十分なのに、
この一家がKKKに狙われた理由もよく分からない上に救いのない結末がまた後味悪い。

 

シャーロック・ホームズの冒険 (新潮文庫)
シャーロック・ホームズの冒険
(新潮文庫)
シャーロック・ホームズの冒険―新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)
シャーロック・ホームズの冒険
新訳シャーロック・ホームズ全集
(光文社文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...