ホーム » 小説 » 小説/は行 » 瓶詰の地獄(夢野久作)

75 名前:1/2 :2009/04/12(日) 18:13:26
夢野久作「瓶詰地獄」

第一の瓶の内容:
とうとう救いの船がきてしまいました。私たちのお父様お母様の姿が見えます。
一番始めの瓶の手紙を読んできてくれたのでしょう。
しかし私たちはこれからあの崖の上にのぼり、海に身を投げます。
すみませんすみません私たちは犯した罪を罰せねばなりません。
私たちは恐ろしい痴れ者だったのです。さようなら。  お父様お母様へ 二人より

第二の瓶の内容:
この苦しみから逃れるにはどうしたらいいのでしょうか。
最初に私とアヤ子が沈没したボートからこの島に流れ着いた時、
鉛筆とノートとナイフと聖書と水が入った三本のビール瓶しか持ってませんでしたが、
島には果物だのきれいな蝶々だの魚もとれて私たちは仕合せでした。
私たちは瓶にお父様お母様への手紙を書いて流し、あとは聖書を読んで安らかに暮らしました。
…しかしある時から悪魔が忍び込んだのです。
アヤ子と私はひっそりと心を通じさせるようになりました。アヤ子は驚くほど美しくなりました。
…ああどうしたらいいのでしょうか。せめて二人の体が清らかなうち、
瓶に真心を封じて海に投げ込もうと思います。
神様。なぜ私たちを一思いに殺してくださらなのでしょうか。  太郎記す


76 名前:2/2 :2009/04/12(日) 18:14:12
第三の瓶の内容:
オ父サマ。オ母サマ。ボクタチ兄ダイハ、ナカヨク、タッシャニ、コノシマニ、クラシテイマス。
ハヤク、タスケニ、キテクダサイ。  市川太郎 イチカワアヤコ

78 名前:本当にあった怖い名無し :2009/04/12(日) 18:20:26
>>75,76
せっかく書いてくれたのに、申し訳ないが、どう後味が
悪いのかよく分からない。

80 名前:本当にあった怖い名無し :2009/04/12(日) 18:33:25
>>78
親が助けに来た為に心中するからじゃね?

無人島に漂着した時はガキだったのに、いつどうやって漢字覚えたんだろって疑問が残るがな


81 名前:本当にあった怖い名無し :2009/04/12(日) 18:43:05
>>78
3→2→1の順に読む

3→島に漂着 まともに字もかけない幼い兄妹
2→(多分)聖書を読み続けたためかそれなりに知識つく 
   果物いっぱいなので飢えの心配もなし 体も成長し妹にハァハァしてしまう まだ清らかな関係
1→すでに兄妹は姦通済 そこにやっと救助の船がくる


82 名前:本当にあった怖い名無し :2009/04/12(日) 18:50:44
>80,81 解釈ありがトン
>78 すまんこ、孤島で体が成長するにつれ地獄をみて最後自殺ってのの悲惨さが、
第三瓶での幼さで際立って落ちる話だと思った。
ちなみに第二瓶の段階では既に妹もなんとなく兄に変な感情を抱いてる。

ちなみに本文文頭に「瓶は3つ同時に未開封で見つかった」てあったり、
第二瓶の文中に「もう鉛筆がほとんど残ってません」てあったり等の矛盾が指摘されている。

全文はこっちで読める
ttp://www.aozora.gr.jp/cards/000096/files/2381_13352.html


86 名前:78 :2009/04/12(日) 20:09:50
>>80,81,82
どうもありがとう。

ところで、個人的には別に妹とやったっていいじゃん、別に死ぬことねーよ、その程度で、と思うんだけど、
厳格なカトリックならダメなのか?


88 名前:本当にあった怖い名無し :2009/04/12(日) 21:05:41
>>86
幼いころから聖書を読んでいるような人間なら
大罪を犯した、と思って死んでもおかしくない

漫画化されてるのを読んだことがあるが
切なくて後味の悪さは感じなかったな
原作も後味悪いというか哀しい


99 名前:本当にあった怖い名無し :2009/04/12(日) 22:57:43
>>86
誰も人がいない楽園でやりまくりんぐならそれはそれで開き直れただろうけど
一生そのままではいられずに両親とご対面とか気まずすぎる。

 

瓶詰の地獄 (角川文庫)
瓶詰の地獄 (角川文庫)
夢野久作全集〈8〉(ちくま文庫)
夢野久作全集〈8〉(ちくま文庫)
瓶詰の地獄 (ビームコミックス)(漫画)
瓶詰の地獄 (ビームコミックス)(漫画)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...