ホーム » 小説 » 小説/ら行 » RIKO―女神(ヴィーナス)の永遠(柴田よしき)

529 名前:本当にあった怖い名無し :2009/04/28(火) 12:01:16
柴田よしきの「RIKO 女神の永遠」を思い出した。

主人公の緑子は新宿署の女刑事。
現在、部下に当たる年下の刑事の恋人がいる一方で、交通課の女性警官と深い仲にある。
警察官の娘に生まれ、男の子の欲しかった父親は女の子ばかり生まれたので
長女の緑子を厳しく育てて刑事にしたわけだが、本人は可愛い女の子タイプであまりその気ではなく、
かつて本庁勤務の際に年上の刑事と恋仲になり、寿退社も間近…というタイミングで
精神病を患っていた奥さんを持つ上司と不倫の仲になってしまう。

で、その奥さんに襲われるという事件によってそれがバレてしまい、
恋人を含めた同僚達に輪姦され、しかも自分だけ本庁から飛ばされてしまって、
その経験から男性不信になってしまって、性的に奔放になってしまうという。
自分がリードできる年下の男の子を可愛がったり、同性相手に関係を続けたり。
一方で自分の体験からレイプ被害者の女性を励まして告訴させて
刑事としての成果も挙げているんだが、当の自分は告訴もしておらず、
本当は集団レイプの場合は本人が拒否しても医者から訴えが起こされる筈なんだが
警察手帳を見せて医者を黙らせてしまったジレンマも持っている。

そんなある日、新宿のビデオ店から少年が輪姦される裏ビデオが押収されて
緑子はその事件を追うんだが、本庁との合同捜査になって、昔の恋人刑事と一緒に仕事をすることに…。
しかも奥さんを亡くした上司とも再会。
実は緑子に対して未練たらたらな2人とまた関係を持ってしまったわけだが
現在の恋人刑事が殺されるという事件が起きて、緑子が容疑者にされてしまう。
…交友関係から疑われたわけではなくて、緑子に似た容姿と服装の女性が目撃されていたから。
そんな時、緑子は自分が妊娠していることを知るが、父親が3人の誰か判らない…。


530 名前:本当にあった怖い名無し :2009/04/28(火) 12:02:57
で、裏ビデオ事件や年下の恋人刑事を殺した犯人は実は、
緑子と同性愛関係にあった女性警官とその一味だったという。
彼女も以前結婚間近の恋人がいたのに上司からパワハラを受けて関係を強要され
ゴミのように捨てられた過去があったんだが、似たような立場だと思っていた緑子は
不倫上司や昔の恋人が必死で緑子を守ろうとしていて自分とは違うってことで、
今カレの刑事に緑子の友人ということで油断させて近づき、さっくり殺して
緑子に容疑が掛かるような工作をしたという。

それに気づいた緑子は彼女と心中しようとするが、彼女の以前の恋人(今の一味)に邪魔され
拉致されたところを昔の恋人や上司たちに救出されてめでたしめでたし。
緑子は1人で子供を産む決意をするが、結局昔の上司と事実婚状態になります。

…あれ?あんまり後味が悪くないか。
むしろ続編の方が後味が悪いかなぁ…。
赤ん坊を誘拐されたまま警察の失態で迷宮入りになった事件が実は母親の狂言で
育児に疲れた母親が精神的に追い詰められて我が子を殺していたとか
悪の権化のように描かれるヤクザのインテリラスボスが、実は警察の誤認捜査で有罪にされ、
刑務所で慰み者にされるわ、親は自殺するわ、未来を断たれてそちらの道に嵌りこんだものの
精神的に不安定で大量の薬を手放せない毎日だとか。


531 名前:本当にあった怖い名無し :2009/04/28(火) 12:48:20
乙です
レズ友はパワハラ上司に何度も中絶させられて妊娠不可能になるんですよね

532 名前:本当にあった怖い名無し :2009/04/28(火) 12:57:34
>>531
レス&フォロー、㌧です。
そうでした、かなり以前に読んだので、ところどころ記憶から抜けていました。

にしてもラストでレズ友とその一味たちがみんな死んだから良かった(?)ようなものの、
1人でも生き残っていたら警察のスキャンダルが白日の下に晒されたんだよね。
レス友への仕打ちはもちろんだが、緑子に対する刑事たちの集団レイプや上司との不倫の事実も。
関係者はみんな警察に残れなかっただろうな…。


534 名前:本当にあった怖い名無し :2009/04/28(火) 13:26:54
>>531
そんなに何度も中絶・妊娠を繰り返さないといけないような関係を迫られるなら、
せめて自衛として、子供が出来ない体になる前に
ピルを飲むなりリングを入れるなりしておけば結果は違っていたのでは…?と
ちょっと思ってしまった。
ていうか、産婦人科医も、それだけ何度も中絶歴がある患者なら、そういうアドバイスをしないの?
(その都度、中絶歴を隠して違う病院で手術したのか?)
まぁ、フィクションだから、そのへんは追究しても仕方ないけど。

 

RIKO―女神(ヴィーナス)の永遠 (角川文庫)
RIKO―女神(ヴィーナス)の永遠
(角川文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...