ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その103 » エッタの血

727 名前:本当にあった怖い名無し :2009/06/05(金) 02:25:53
なんか小林よしのりの政治マンガで紹介されてた実話。

AとB、二人の少年がいて、とても仲がよかった。
Bは部落出身なのだが、Aはそれがなんだと言わんばかりに気にせず、いつもつるんでいた。

Aは交通事故にあう。大量の輸血が必要となり、Bが献血を名乗り出た。
おかげで峠を越え、喋ることができるようになるまで回復した。
「Bが献血してくれたんだよ」
家族にそう告げられた瞬間
「エッタの血が入ってまったやないかー!!!!」
Aは激怒した。
それをたまたま居合わせたBが聞いてしまい、二人の友情には
大きな亀裂が生じてしまったという。


728 名前:本当にあった怖い名無し :2009/06/05(金) 03:35:18
AはBと仲良く「してやってる」ことで優越感に浸ってたんだな

736 名前:本当にあった怖い名無し :2009/06/05(金) 08:51:27
輸血で「何々の血が~」って実際どうなんだろ?
血なんて数日で全部入れ替わると思ってたんだが
やっぱ白人に黒人の血を輸血したら何か変化出るの?

738 名前:本当にあった怖い名無し :2009/06/05(金) 09:45:54
>>736
実際にどうなるかの問題というよりは感覚の問題なんだろうな。

自分は黒人の血を輸血されても命が助かればありがたいと
思うし、黒人の血でも気にしないけど、
差別的な白人にとっては豚とか何か下等な家畜の血でも
輸血されたように感じてしまうんだろう。


746 名前:本当にあった怖い名無し :2009/06/05(金) 13:08:50
>>738
やっぱり人種による考え方の違いだと思う
自分は黒人の血は別にいいけど朝鮮人の血はなんか嫌だ

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...