ホーム » 小説 » その他書籍 » キャラクター・コレクション―ファンタジーRPGの職業・役割/海賊(安田均・グループSNE)

607 名前:キャラクターコレクション<海賊>1-2 :2009/06/26(金) 09:12:32
吟遊詩人である主人公は旅の途中、ある街で有名な歌姫の歌を聞いた。
歌姫は、もうかなり高齢なのだが今だ舞台に立っており、人々の心を動かす歌を歌い続けていた。
その内容はこうだ。

まだ彼女が若かった頃の話だ。
歌姫は結婚したばかりの恋人と船に乗っていたのだが、
不運にも二人を乗せた船が海賊ビラーダの襲撃を受けた。

船の乗客は、ただ一人の女性であった彼女以外皆殺しにされ、恋人も目の前で斬り殺された。
そして彼女は海賊船に連れ去られ、死ぬより辛い日々を送ることになったのだ。

ある時、海賊の親玉ビラーダは戯れに彼女に歌を請う。
もはや涙も枯れ、身も心もボロボロになった歌姫はいった。
「歌は心でうたうもの。私の心はもう閉じてしまったから、歌うことはできません」
歌わなければ殺す、と脅されても歌姫はひるまない。
もう自分の中には何もない。恐怖も、生きる希望も、喜びも。
あるのはただ悲しみと憎しみだけだ。

するとビラーダは歌姫に、ならばそれを歌にしてみろと迫った。

歌姫は言われるがまま憎しみを歌詞に変え、絶望をメロディに変えて歌った。
それはあまりに禍々しく、さしもの海賊たちをもたじろがせた。


608 名前:キャラクターコレクション<海賊>2-2 :2009/06/26(金) 09:13:36
だが、ビラーダだけは違った。
突然彼女を解放するといい、その上彼女が一番近くの街まで
たどり着けるよう、小舟と食料まで与えてやったのだ。

その理由はこうだった。
「お前はその歌を多くの奴らに聞かせてやれ。そして大賊ビラーダの名を
その恐ろしさを世間に広めるんだ!」

その日から歌姫はずっと歌い続けてきた。ビラーダへの呪いをこめて。
いつの日か自分の歌が刃となって仇の心臓を突き刺し、
嵐をおこし奴らの船を沈める日がくる事だけを願いながら……。

歌姫の舞台を見た人々は皆、魂を引き絞るような歌を前に言葉もない様子であった。
涙を流している者すらいる。
主人公もまた歌姫の歌に感銘を覚えながらも一方で
歌の力の限界を感じ、むなしさを感じていた。

彼女の仇であるビラーダはもう三十年も前に死んでいた。
もちろん彼女の歌が原因ではない。つまらない内輪揉めで仲間たちからマストに吊されたのだ。

結局、彼女の歌は多くの人の心を動かしたが、当の海賊たちには
かすり傷一つ負わせることはできなかったのだ。

むしろ皮肉にも彼女の歌は海賊ビラーダの名を不動のものにした。
彼女が死に、その存在を忘れ去られたあともビラーダの名は語り継がれていくであろうと思われた。

それでも歌姫は、また明日もこの舞台で歌い続けるのだ。
美しく、哀しいこの歌を

 

キャラクター・コレクション―ファンタジーRPGの職業・役割〈上〉 (富士見文庫―富士見ドラゴン・ブック)
キャラクター・コレクション
ファンタジーRPGの職業・役割〈上〉
(富士見文庫―富士見ドラゴン・ブック)
キャラクター・コレクション―ファンタジーRPGの職業・役割〈下〉 (富士見文庫―富士見ドラゴン・ブック)
キャラクター・コレクション
ファンタジーRPGの職業・役割〈下〉
(富士見文庫―富士見ドラゴン・ブック)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...