ホーム » 小説 » 小説/さ行 » サクラ大戦 前夜/紅蘭の過去(あかほりさとる)

498 名前:本当にあった怖い名無し :2009/08/29(土) 19:54:09
ゲームサクラ大戦の小説版の紅蘭の過去話
生まれは北京の裕福な家の出身で幼い頃から機械弄りが得意
父親は大きくなったらアメリカの大学へ留学させようと思っていたが
紅蘭は辛亥革命により両親と2人の姉、その他大勢の使用人も亡くなり天涯孤独になってしまう
難民として生き倒れの所をある農村の一家に引き取られたが
養母は紅蘭が父親の形見の懐中時計を使っての趣味の機械弄りが気に食わなく
それを発見すると暴力を振るったり追い出そうとしたりした
そんな中でも養父やその息子の嫁で紅蘭と同じく姑にイビられていた
仲の良い義姉のおかげで何とかやっていけた
誕生日に僅かな駄賃を渡され外出していたが村に帰ると
馬賊が村中の金品の略奪と若い女達を集めていた
義姉もいて私のお腹には赤ちゃんがいるのと抵抗するも無駄だった
(その発言でその事を紅蘭と義母は知った)
そこに特殊能力霊力を持っている紅蘭をスカウトしに来た日本人の
あやめが現れ紅蘭と共に馬賊に立ち向かい倒した
その後紅蘭は義姉の方に向かおうとしたが今まで嫁に冷たかった義母が
お腹の子は大丈夫かいと義姉を優しく諭していた所を見た紅蘭は
ここには私の居場所は無いんだと痛感する
そこにあやめはあなたの力を生かしたいとスカウト
新しい所で私の居場所を見つけたいと紅蘭は承諾する

紅蘭のおかげで馬賊から嫁を救出、出来たのに紅蘭をスルーした義母
普段仲良かったのに同じくスルーした義姉に後味悪く感じた


528 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう :2009/08/30(日) 18:49:22
>>498
俺はそれほど紅蘭の話に後味の悪さってのは感じなかったけどなぁ…
今今殺されそうになってたんだから他人を思いやる余裕なんか1mmもないのが本当なんじゃない?

 

サクラ大戦 (前夜) (電撃文庫)
サクラ大戦 (前夜) (電撃文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...