ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その107 » 饅頭

592 名前:本当にあった怖い名無し :2009/09/01(火) 10:58:37
後味が悪いという程でもないかも知れないけど、うちの祖父の臨終時の体験談。

祖父はある日急に具合を悪くして救急車で病院に運ばれ、入院した。
それほど前兆症状は無かったが、長年の蓄積で肝臓や腎臓を結構やられていたらしい。
数日後、近所に住んでいた大叔父らが見舞いに寄って、饅頭を差し入れた。
普段は酒飲みで甘い物なんて食べない祖父だったが、大いに喜んだ。
ただ、真面目な祖母は「治療方針もあるだろうから、何でも食べさせて
まずかったら困るので、お医者様に聞いてくる」と、律儀に主治医の確認を取りに行った。
結果、主治医は「体に障るといけないのでやめておいた方がよい」という答えだった。
「先生がそう言うんならしょうがない」と、祖父も断念した。

さらに数日後、祖父は多臓器不全で死んだ。
葬式の後、祖母は「まだ若い先生だったからね…。真面目だったんだろうね。
もうちょっと年輩の先生なら、もう何でも食べさせてあげなさいと言ってくれてたんだろうけど。
辛党のお父ちゃんがお饅頭を食べたがるなんて、きっとあの時よっぽど欲しかったんだろう。
どのみち治らないんだと知っていれば、私だった食べさせてあげたのに」と悔やんでいた。
今でも仏壇には、いつも何かしらの饅頭が欠かさず供えてある。


594 名前:本当にあった怖い名無し :2009/09/01(火) 11:21:19
>>592
医者の立場からすれば、どんな状況であれ
「好きなものを食べてよし」とは言えないと思うよ。
これは仕方がない。
これからも仏壇に饅頭を供えるのはいいと思うけど、
婆ちゃんが悔やみ続けるのは可哀想だな。
婆ちゃんを大切にな。

595 名前:本当にあった怖い名無し :2009/09/01(火) 11:25:30
でも食べさせたら
「先生が食べさせていいって言わなかったらあと数ヶ月は生きたかもしれない」
とか言って訴訟起こす馬鹿が最近は居るから気をつけろ

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...