ホーム » 小説 » その他書籍 » ウミガメのスープ(ポール・スローン)

598 名前:本当にあった怖い名無し :2009/09/01(火) 12:51:43
ウミガメといえばウミガメのスープ(ナポリタンチックな連想系なぞなぞ?)が後味悪いかもしれない

ある町に昔海で遭難し、死にかけていた時に
仲間から与えられた「ウミガメの肉入りスープ」で生き延びた老人がいた
老人はそのスープの味が忘れられずにいたが、ある日ウミガメのスープを出しているレストランがあると知り
喜んで出掛けて行ったが翌日に自殺した。

っていうのを何故自殺したのか推理していくんだけど、
この問題の答えは「老人が飲んだのは遭難時に死んだ仲間の肉のスープだったことに気付いた」から。
本物のウミガメのスープは味が違ったため、じゃああの肉はどこで→遭難の犠牲者の肉だ、と
分かってしまい罪の意識に自殺したというわけ。
知らずに「あのスープがもう一度食べたい」と思いながら死ぬのが一番幸せだったろうなぁ、と思うと後味悪い

 

ポール・スローンのウミガメのスープ
ポール・スローンのウミガメのスープ


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...