ホーム » 小説 » 小説/あ行 » オノレ・シュブラックの失踪(ギョーム・アポリネール)

888 名前:本当にあった怖い名無し :2009/09/08(火) 11:02:08
見えなくなる系だと『オノレ・シュブラックの失踪』もあるね。
最近なんかショートアニメみたいになってたのを見た記憶があるが。

主人公(というか、語り部 普通の人)が夜の街を歩いていると、
マントを羽織った若者が駆けてくる。
彼は焦って後ろを気にしながら、マントを脱ぎ捨て、全裸になって壁に寄る。
するとどうだろう、彼の姿は消え失せ、そこにはただレンガ壁があるだけだった。
その直後もう一人、銃を構えた中年男が血相を変えて走ってくる。
新たに現れた中年男は辺りを見回し、歯軋りしながら再び駆け去った。

しばらくして、壁から裸の若者が姿を現した。
彼は主人公に気づくと、ばつの悪そうな表情で自らをオノレ・シュブラックと名乗り、顛末を語った。
強く念じれば周囲の情景に溶け込める事、いつでも溶け込める様に、
全裸の上にマントだけ羽織っている事、中年男の妻を寝取ってしまった事。
楽観的な若者の様子に少々苛立つ主人公。
そこに再び中年男が戻ってくる。

若者は慌てて壁に溶け込み、やはり中年男は地団太を踏む事となった。
だが、キレた中年男は「出てきやがれ! どこに隠れやがった!!」と手にした猟銃を乱射する。
それで落ち着いたのか、中年男は立ち去った。
乱射された弾は若者が消えた辺りに着弾していた。

恐る恐る壁に近寄る主人公。
壁には穴が開き、そこから血が流れ出していた。
壁に手をつくと微かな温もりがあったが、それも急速に冷えていき、
やがて壁そのものの温度になったのだった。

他にも壁抜け男って話もあったよね。
そっちも結局脱出不能エンドってのが後味悪い。

 

ちくま文学の森3巻 変身ものがたり
ちくま文学の森3巻
変身ものがたり
フランス短篇傑作選 (岩波文庫)
フランス短篇傑作選
(岩波文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...