ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その108 » ジョジョの奇妙な冒険/第1部(荒木飛呂彦)

106 名前:本当にあった怖い名無し :2009/09/11(金) 21:48:47
ある母子が吸血鬼に捕まった。
母親は吸血鬼に「自分は殺されてもいいから子供の命だけは助けてほしい」と懇願する。
吸血鬼はそれを了承し、「自分も手下のゾンビ達も決して子供には手を出さない。」と母親に誓う。
結果的に子供の命は助からなかった。
吸血鬼によってゾンビ化させられた母親に食い殺されたのだ。

あるURYYぃぃな少年漫画のほんのワンシーンなんだが、
すごく後味悪かった。


109 名前:本当にあった怖い名無し :2009/09/11(金) 21:56:57
>>106
「約束通り、我々は子供に手を出さなかった。他でもない、母親であるお前が食い殺したのだ!」
と高らかに笑うDIO様。そこにしびれるあこがれるゥ! ですね。

121 名前:本当にあった怖い名無し :2009/09/12(土) 00:33:38
>>106
それの後味悪い所は
その吸血鬼、自分の母親のことは好きだった描写があるんだよね
母に苦労をかけた父が嫌いだったり、母のドレスを売ってしまった父を憎悪して殺害したり…
そういう描写がありながら、母子を共食いさせるっていうのが……

 

ジョジョの奇妙な冒険 1~7巻(第1・2部)セット (集英社文庫―コミック版)
ジョジョの奇妙な冒険 1~7巻(第1・2部)セット
(集英社文庫―コミック版)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...