ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その109 » 呪いのシリーズ(曽祢まさこ)

162 名前:本当にあった怖い名無し :2009/10/08(木) 23:38:08
カイシリーズといえば…

ブスでもてなかった女性が心機一転、自分の過去は捨てて
全身整形して美女に生まれ変わり、幸せな結婚をした。
娘も生まれ幸せな生活をしていたが、娘が自分を
「ブスだから」という理由で散々いじめてきた親戚の女の子に
成長するに従ってよく似てきたのを見て、次第に疎ましく思い始める。
さらに、夫を娘に盗られるのではないかという、女としての嫉妬心とも
あいまって殺意が芽生え、ついにカイに娘の殺害を依頼する。

カイが娘のもとに助手の人形を行かせて
「あなたはもうすぐ亡くなる」
と告げると、娘は
「いいの。私死にたかったから」
といって手首を見せる。そこにはリストカットの跡がたくさんあった。
母親に疎まれていることを感じた娘は、精神を病むようになっていたのだった。
カイは娘の死ぬ前の願い(父親と会う)を叶えてやり、娘は苦しまずに死んでいった。

一方の父親は妻が娘を疎んじていた事、娘の死を全く悲しんでいない事を
薄々勘付いており、妻に
「お前とはやっていけない」
と告げて、外に女性を作るようになる。
そして妻はそれまで以上に激しい嫉妬心に苛まれるようになった。


165 名前:本当にあった怖い名無し :2009/10/09(金) 00:49:17
マリー(フランス人形)「外見は変わっても心は醜いままだったのねかわいそうに」

170 名前:本当にあった怖い名無し :2009/10/09(金) 08:24:19
その整形母もブスのエリート教育をうけて育ったから美人になろうが嫉妬や妬み、卑屈さが治らなかったんだな。
ある意味悲劇だな。
ブスでも両親にかわいいかわいい言われて溺愛され育ったらポジティブブスになれたのに…

 

呪いのシリーズ コミック 1-5巻セット (ソノラマコミック文庫)
呪いのシリーズ コミック 1-5巻セット
(ソノラマコミック文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...