ホーム » 小説 » 小説/か行 » ゲーム(星新一)

255 名前:本当にあった怖い名無し :2009/11/17(火) 16:45:37
星新一は悪魔ネタ多いよね。

ちょっと変化球の話。
友人が最近事業に成功し、コツを聞きに行く主人公。
友人いわく、「実は魂と引き換えに悪魔に成功させてもらった」との事。
そんな事をして大丈夫なのか心配する主人公だが、友人はニヤリと笑って言うには、
「実は上手いやり方があるのさ。最初の願いで成功させて貰い、
 次の願いで悪魔の存在が解らない(姿が見えず声も聞こえない)ようにして貰ったんだ。
 そうすれば最後の願いを叶えられないから、魂は取られないって寸法さ」との事。
感心した主人公は自分もあやかろうと悪魔を呼びだす。
現れた悪魔に願いを言おうとすると遮られ、悪魔が言うには
「自分は最近、契約者に騙されて散々な目に遭ったばかりだ。
 だから腹いせに、次に呼び立した奴とは契約せずにひどい目に逢わせてやろうと決めていたんだ…」

主人公とばっちり(´・ω・`)カワイソス

 

地球から来た男 (角川文庫)
地球から来た男 (角川文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...