ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その110 » 林永

296 名前:本当にあった怖い名無し :2009/11/19(木) 11:41:08
まず最初に、グロ写真注意。
傷病患部の画像が苦手な人は見ない方がいいと思う。
ttp://chiquita.blog17.fc2.com/?no=4030
ちなみに、下の方の写真は「死体解剖じゃないか?」とのコメント書き込みもあるが、
どうやら生存中の包帯交換の場面らしい。

中国の貧しい村に住む13歳の少年・林永は、幼児期に自宅の火事で頭に傷を負い
その時には自治体の補助や親戚たちからの工面で治療を受けて一命を取り留めたが、
やがて治療費が底をつき、完治しないまま退院せざるを得なかった。
その後、傷口の感染などが徐々に悪化して、
額から頭頂にかけての頭皮はめくれて消失し、頭蓋骨も長年の潰爛によりボロボロと粉状に崩れて大部分が欠損、
露出した脳組織の一部は液状化し壊死、悪臭を放つ膿化した脳液が包帯から染み出して流出するという惨状に。
しかし、そうなるまでの間も、少年は出稼ぎ中の両親に代わって祖母と家畜の世話をするなど家業で働き、
休学を挟みつつも通学して、明るく成績も比較的良い模範生だった。

現行の中国の体制では、かたや無料で医療が受けられる特権階級がいる一方、
林永くんのような貧しい家庭では、命に関わる症状でも治療費が払えずに十分な処置を受けられない。
(ちなみに、着たきり雀のこの子は、それでもまだ良い服を着せてもらってる方だが、
この子の親はもっと、本当につぎはぎパッチワークの服や、素足に繕い縫いだたけの靴だったりする。)
ttp://search.www.infoseek.co.jp/Web?col=OW&qt=%E6%9E%97%E6%B0%B8%E5%90%9B%E3%81%AE%E7%89%A9%E8%AA%9E&svx=s00134&dm=plaza.rakuten.co.jp/serap

ネットに掲載して寄付を募ったりしていたが、
「春節までもたないだろう」という医師の見立てどおり、旧正月前に永眠した。


299 名前:本当にあった怖い名無し :2009/11/19(木) 12:55:33
>>296
気の毒すぎて泣いた
少年のご冥福をお祈りしたい

326 名前:本当にあった怖い名無し :2009/11/19(木) 22:42:18
>>296
本当にかわいそうだな‥
中国は貧乏な国民をほったらかしで、ロケットなどに使って先進国の振りをするが、
そんな事より国民を大事にしろよって思う

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...