ホーム » 小説 » 小説/ら行 » リカ(五十嵐貴久)

443 名前:本当にあった怖い名無し :2009/11/26(木) 03:26:50
五十嵐貴久のホラー小説、RIKA 
うろおぼえのうえ、ものすごくざっくり。

主人公は妻子ある平凡な中年のサラリーマン。
同僚から出会い系サイトの話を聞いて興味を持ち
軽い浮気のつもりでサイトに登録し、リカという看護婦と知り合いになる。
何度かメールのやり取りをし、打ち解けた辺りで一度会おうと提案する主人公。
ここから徐々にリカの様子がおかしくなり、主人公に対し
電話やメール、ネットでストーカー紛いの行為を行うようになる。
身の危険を感じ警察に相談するも、相手の身元もわからないため
軽くあしらわれてしまい、探偵をしている友人に調査を依頼する。
調査は順調だったが、リカにばれて探偵が殺される。
で色々あって、リカに襲われ殺されかけた主人公だったが
警察に助けられ、リカは銃で撃たれて瀕死状態。

事情聴取後自宅に戻ると、警察から電話が掛かってきた。
リカが救急車から逃走したので、警察が向かうまで注意しろとの事だった。
直後にチャイムが鳴り、主人公は電話を切って包丁を構え玄関へ向かった。

エピローグ
現場に向かった刑事の証言。
リカに拉致された主人公は、廃病院で体をバラバラにされ
現場の手術台には主人公の指や腕、足や舌、耳、鼻、唇などが並べられていた。
全身麻酔を使った外科手術の要領で行われており、切り取られた器官には生体反応があった。
主人公の意識はあと数時間の内に戻るのだという。
見ることも、聞くことも、話すことも出来ない主人公だが、脳だけは機能している。
主人公が意識を取り戻した時の事を思うと・・・とここで発狂する刑事。

終わり

ホラー小説だし、完全に主人公の自業自得ではあるんだけど
一度読者に助かったと思わせておいて実は…のパターンは結構後味悪かった。


447 名前:本当にあった怖い名無し :2009/11/26(木) 18:38:07
>>443
救急車から逃走って瀕死なのに元気だなリカ

454 名前:本当にあった怖い名無し :2009/11/27(金) 00:25:24
>>443
リカはどうしてそんなに戦闘力が高いの?
所詮女なのに、大の男を次々に殺せるのはなぜ?

455 名前:本当にあった怖い名無し :2009/11/27(金) 00:33:24
>>454
私もその小説読んだんだけど、とにかく戦闘力がねそりゃもうスゲーのよ…
多分小説だからだと思うんだけどね

460 名前:本当にあった怖い名無し :2009/11/27(金) 01:19:39
>>454
腹をゴルフクラブで何度も殴られても、銃で撃ち抜かれても生きてるから
妖怪とか化け物的な存在だと思えばいいと思う。
確か声は可愛いけど、見た目は貞子的で物凄く臭い。

461 名前:本当にあった怖い名無し :2009/11/27(金) 01:24:09
あー、あと主人公の体はリカに持ち去られてるんだよね。
中国の達磨状態で。

463 名前:本当にあった怖い名無し :2009/11/27(金) 02:32:41
浅野ゆう子でドラマになったよね?
車の主人公を追っかけてアスリート並のフォームで道路を無表情に
疾走していた姿が強烈に残っています

468 名前:本当にあった怖い名無し :2009/11/27(金) 05:20:36
>>463
ドラマ版は恐いんだけど、やりすぎてて最早ギャグかコントみたいだったなw。
主人公は三浦友和か阿部寛だった気がする。

470 名前:本当にあった怖い名無し :2009/11/27(金) 08:37:55
ホラーとギャグは紙一重だなw
>>443は怖かったけど

565 名前:本当にあった怖い名無し :2009/11/30(月) 22:33:05
>>443
それ阿部寛主演でドラマしたの覚えてるわ
ドラマはラストはメスで目を切られて終わりなんだけど
画像が柔らかく切れて赤くなってくのが気持ち悪かった

 

リカ (幻冬舎文庫)
リカ (幻冬舎文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...