ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » 白い小さなロケットがおりた街(別役実)

208 名前:本当にあった怖い名無し :2010/04/27(火) 01:38:44
後味悪いというか、どっちかっつったら切ない話かもしれん。
昔図書館で借りた本の中の短編。

ある日、とある街の軍の司令塔?が無線を受信する。内容からしてSOS。
仲間の飛行機かヘリがどこかに墜落したのではないか?と、隊員達は捜索。
すると街の外れに1台の綺麗なロケットが漂着している。無線はそこから発せられていた。
ロケットは綺麗で、どう見ても事故に遭った様子がないが、途切れることなくSOSは発信されている。
隊員がロケットを調べるが、このロケットどこにも入り口がない。
そうか、中の人が出られないから助けを求めているんだ!
隊員達はロケットを壊すべく、ドリルで削ったりして破壊を試みるが
血のようなガソリンが吹き出たり、謎の肉のような物体がミリミリ出てきたり、異様な事態に。
そして司令塔から、明らかに無線が変化したという連絡が入る。
既にSOSではなく、断末魔のような凄まじい叫びのようだ、と。
気付いた時には遅かった。パタリと無線は止んだ。二度と無線は発せられなかった。
ロケットには中の人なんておらず、ロケットそのものが生物だったのだ、と。

作者が思い出せないなぁ…星新一だったかな。


210 名前:本当にあった怖い名無し :2010/04/27(火) 09:05:59
不時着した星で助けを求めたら
生きたまま切り刻まれてしまったロケットさんが不憫すぎる

善意でロケットを殺してしまった隊員もさぞや後味悪かったろう


211 名前:本当にあった怖い名無し :2010/04/27(火) 09:23:58
しかし言葉も通じない、治療やエネルギー源の判らない生物にSOSされたって
最終的に助けようがないよな、

213 名前:本当にあった怖い名無し :2010/04/27(火) 09:25:48
>>208
俺もたぶん星新一だったよなーと思ってググったけど、別役実の話らしい。
http://ref.library.ichihara.chiba.jp/ref_search/ref_detail.php?id=487
星新一も書いてたような気がするんだが……

216 名前:本当にあった怖い名無し :2010/04/27(火) 12:35:08
>>213
自分も星新一で見たことある気がする。
でも星はロケットの話なんぞきっと腐るほど書いてるだろうからなぁw

 

淋しいおさかな (PHP文庫)
淋しいおさかな (PHP文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...